さがみはら緑区版 掲載号:2012年6月28日号
  • googleplus
  • LINE

七夕祭りで"街コン" 8月4日 橋本駅北口 600人募集

社会

毎年30万人以上が訪れる七夕祭り(写真は昨年のようす)
毎年30万人以上が訪れる七夕祭り(写真は昨年のようす)

 今年で61回目を迎える、相模原市の名物イベント「橋本七夕まつり」が8月3日(金)、4日(土)、5日(日)の3日間、JR・京王橋本駅北口周辺で開催される。主催する同実行委員会では今回、祭り会場で今人気の大規模飲み会「街コン」を企画。祭りと掛けあわせた新たな「祭(まつ)コン」と称して、伝統イベントをさらに盛り上げる考えだ。

 「祭コン」の開催は祭り中日となる4日。実行委員会で参加者600人を見込んでいる(男女それぞれ300人)。

 当日は駅北口周辺にある15の飲食店が祭コン対象となる。午後3時〜6時まで、2店舗で食べ飲み放題に参加できる(祭コン特別メニュー)。参加資格は20歳以上、同性2人。7月20日(金)まで、HPで参加を受付ている(http://www.matsu-con.net)。今月中旬から募集を開始し、早くも参加者の申し込みが相次いでいるという。

シティーセールスのひとつに

 橋本七夕祭りは、1952年(昭和27年)にスタート。戦後停滞していた商業面での振興策と、街のイメージアップを図る目的も兼ねて始められた。以来、各商店が竹飾りを自前で製作して軒先に飾るなど、地元の祭りとして親しまれている。今では、市内外からも人が訪れ、毎年30万人以上が訪れる市を代表する祭りとなった。

 同実行委員会では、そうした祭りの目的である地域の活性化にあわせ、人と人の出会いの場を作る企画として、現在全国でも注目を集めている「街コン」に着目。1年の中で橋本に一番人が集まる七夕祭りで街コン=祭コンを行うことで、橋本エリアのブランド化、市内外へのシティーセールスのひとつにしていきたい意向だ。

 同実行委員会の小池重憲さんは「七夕まつりと今話題の街コンで、地域活性化への相乗効果が生まれてくれれば。ぜひ多くの方に参加してもらいたい」と話している。

 祭コンに関する問い合わせは事務局【携帯電話】090・8009・1818(嶋崎さん)まで。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6件

さがみはら緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク