さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

藤野商工会青年部 時代に即した対応を 40周年を記念し式典

経済

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena
挨拶する岩松隆青年部長
挨拶する岩松隆青年部長

 藤野商工会青年部(岩松隆部長・部員19人)は1月28日、結成40周年を迎え藤野商工会館で記念式典(村松秀剛実行委員長)を開催した。岩松部長は「新しい時代に即応できるよう部員一同、今後も自己研鑽に務めていきたい」と抱負を語った。

 同青年部は、1975年3月に若手後継者育成を目的に結成。以来、「個性と魅力ある地域づくりを目指す」ことを目標に、ふる里まつり、クリスマスイベント、つくいリング等の地域イベントへの参加、藤野駅前の清掃作業や花壇整備、機関紙「山ふじ」の発行などの活動を行っている。

 40周年を迎えた今年度は、記念事業として地域をPRするため商工会館JR側の外壁に、藤野の特産品である「ゆず」のマークの看板を設置。さらに部員の団結を深める目的で藤野らしさを表現するデザインが描かれた統一のジャンパーとポロシャツや記念DVDを制作した。

山コンの計画も発表

 当日は、北村美仁緑区長や八木大二郎県議、長友克洋県議などの来賓をはじめ59人が参加。式典、講演会、祝賀会の3部に分かれて実施された。記念講演では、北村区長が「今後の津久井地域について」をテーマに話し、講演の中で「陣馬山をはじめとした豊かな地域資源の活用や、リニア中央新幹線による広域交流拠点形成に向けた取組み」などについて言及した。また、記念事業の一環として、藤野の大自然を活用し、街コンの藤野バージョンである「山コン」を開催する計画があることも村松委員長から発表された。

 40周年を迎えるにあたり岩松部長は「各部員の繁栄なくしては、青年部の存在もありえないと考えます。新しい時代に即応できるよう、時間の許す限り『自己研鑽』に務め努力していきたい。将来は青年部活動での成果を活かし、自社の発展、地域の発展に力を注ぐつもりでございます」と挨拶していた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

藤島さん、新人戦で優勝

津久井高校ボート部

藤島さん、新人戦で優勝 スポーツ

夢の途中 目標「競輪選手」

10月21日号

相模原の観光 「経営視点で」

相模原の観光 「経営視点で」 経済

協会、5か年計画策定へ

10月21日号

「服を世界の難民に」

市  立青和学園

「服を世界の難民に」 社会

児童たちが寄付呼びかけ

10月14日号

自民立民 一騎打ちの様相

衆院選 神奈川14区・16区

自民立民 一騎打ちの様相 政治

10月14日号

市がJC、社協と災害協定

市がJC、社協と災害協定 社会

「平時からの協力が大切」

10月7日号

宣言解除後も「要警戒」

宣言解除後も「要警戒」 社会

市、感染対策継続を喚起

10月7日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook