さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月12日号 エリアトップへ

美術彫刻家として幅広い創作活動に取り組んでいる 松崎 秀雄さん 寸沢嵐在住 64歳

掲載号:2015年2月12日号

  • LINE
  • hatena

想像豊かなモノ作り名人

 ○…刀号は「香月」。これまで、東京都の勤労者美術展に10回以上入賞するなど美術彫刻家として活躍する。20代の頃から始めた彫刻は、多摩市役所に勤務するかたわら、独学で勉強。30代の時に森田春月氏に師事し、本格的に彫刻の世界へ飛び込んだ。特に龍の木彫りが得意で、小さな小物サイズから畳一畳にも及ぶ大作も数多く制作してきた。「龍は想像上の生き物。蛇や魚など様々な生き物を彫れて初めて彫ることが出来る。私にとっての彫刻の基礎ともいえる題材です」と説明する。

 ○…小さい頃から手先が器用で、身近な道具や小物など大抵のものは自分で作っていた。「美術彫刻家を名のっていますが、私は興味があるものは何でも創作するので、紹介するのは難しいですよ」と照れながら笑う。手掛ける作品は、木彫りや竹の彫刻の他、看板、家紋、線香入れ、木製の茶碗、アクセサリー、バターナイフなど様々なジャンルにわたる。その中でも、和竿づくりは弟子を持つほどの腕前だ。「注文を頂いた釣り人に本当に合った和竿を作るには、最低3本作らなければなりません。お客の注文に応えるのが本当に楽しいですね」

 ○…定年後には緑区内の小学校に出向き、ボランティアで版画などの指導も行う。2月7日、8日には津久井湖城山公園で、お囃子などで使う「篠笛」作りの講師も務めた。「日本には伝統的な工芸品や美術品が多くあります。私の知識が役に立つのであれば、いつでも指導に伺いますよ」とほほ笑む。

 ○…一日の大半を工房で創作に勤しむ。そんな日々の中で、近くに住む小学校6年生の女の子の孫と過ごすのが楽しみの一つ。地域のお囃子連に所属するお孫さんと一緒に、福井まで篠笛の作り方を習いに行ったことも。「孫には何でも興味を持って、自由な発想で成長してもらいたいですね」と優しいおじいちゃんの一面を見せてくれた。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

10月7日号

石川 雄洋さん

アメリカンフットボールの地元チーム・ノジマ相模原ライズに入団した

石川 雄洋さん

東京都在住 35歳

9月30日号

秋本 博寿さん

相原二本松商店街の会長に就任した

秋本 博寿さん

二本松在住 51歳

9月30日号

渡部 菜保子さん

記録員として東京オリンピックのバレーボール競技に携わった

渡部 菜保子さん

相原中学校在勤 43歳

9月16日号

小川 護さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の会長に就任した

小川 護さん

南区在住 62歳

9月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook