さがみはら緑区版 掲載号:2015年2月19日号 エリアトップへ

開校記念日も授業日に 市立小中学校で4月から

教育

掲載号:2015年2月19日号

  • LINE
  • hatena
4月から授業日となる開校記念日(写真は昨年の田名小学校周年行事の様子)
4月から授業日となる開校記念日(写真は昨年の田名小学校周年行事の様子)

 相模原市教育委員会は4月から、従来休業日としていた市立小中学校の「開校記念日」を授業日にするとした。これは、2011年の指導要領改定により必要な授業時数が増加したことに対応するためで、各校で授業の時間を確保することが困難になったことを受け、改定に踏み切るものだ。

 今回の改定は、各校の特色ある教育活動を効果的に展開するために、「相模原市立小学校及び中学校の管理運営に関する規則」の中の、休業日の扱いについて行われた。これにより、これまで休業日だった各校の開校記念日が授業日となった。

 同規則の改定を行った背景として、授業時数の確保がある。授業時数が大幅に削減された2002年の指導要領では学力低下の懸念が指摘された。これを受け、11年から実施された新指導要領では、それまでの5367時数(小学校6年間の総授業時数)から、5645時数へと増加。完全週休二日制は変わらないため、各校は長期休み中に登校日を設けたり、行事を削減するなど、時数確保の工夫を迫られた。このタイミングで多くの自治体が、休業日としていた開校記念日などを授業日に変更する動きがあったが、現在政令市において、開校記念日などを休業日と定めているのは、相模原市のほかに川崎市と札幌市のみで、全国的には珍しいという。

気象や学級閉鎖も要因

 来年度からの改定に踏み切ったのは、昨年の異常気象の影響もある。市内緑区藤野地域では、昨年の大雪被害で最大5日間の休業を行わざるをえなかった学校もあり、現行のままでの時数確保に限界を感じる声も挙がっていた。加えて、インフルエンザによる学級閉鎖も毎年相次いで起こることも改定を後押しした。

 市担当課は、「一日授業日が増えるだけでも、ゆとりが生まれると見ている。各校には、授業日として登校する開校記念日を有意義な一日として活用してほしい」と話している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

地域文化を支え20年

杜のホールはしもと

地域文化を支え20年 文化

「橋本とともに発展を」

9月23日号

「皆で勝ち取った金メダル」

パラ・伴走者青山由佳さん

「皆で勝ち取った金メダル」 スポーツ

リオの経験糧に献身貫く

9月16日号

秋本博寿氏が新会長

相原二本松商店街

秋本博寿氏が新会長 社会

地元高校と商業連携も

9月16日号

県代表で東関東へ

橋本高校吹奏楽部

県代表で東関東へ 教育

コロナ下「バンドの心一つに」

9月9日号

感染症予防、経済対策に

相模原市9月補正予算案

感染症予防、経済対策に 政治

一般会計 総額約14億円

9月9日号

予約対象 12歳以上へ拡大

市内ワクチン接種状況

予約対象 12歳以上へ拡大 社会

若者世代の加速化図る

9月2日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook