さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月2日号 エリアトップへ

リニア関連事業費を増額 市6月補正 約5億1千万

経済

掲載号:2016年6月2日号

  • LINE
  • hatena

 相模原市は5月26日、一般会計補正予算案を発表した。予算案では、県立相原高校の敷地に建設予定のリニア中央新幹線の新駅設置に向けた関連事業費など5億1600万円を増額、総額2582億1600万円となった。併せて、整備に伴う公益財団法人の借入金損失を補償する債務負担行為が設定されている。

 2027年に東京―名古屋間での開通をめざすリニア中央新幹線。その中間駅となる神奈川県駅(仮称)は、JRと京王電鉄の橋本駅南口にある相原高校の敷地に建設される。これに伴い同校は、橋本駅と圏央道相模原ICの中間に位置し、橋本駅から約1・5Km離れた職業能力開発総合大学校旧相模原校跡地(橋本台)への移転が予定されている。

 リニア中央新幹線の新駅設置に伴う道路整備費などについては、15年12月補正予算において、津久井広域道路から同校跡地までをつなぐアクセス道路と、そこからL字型に通る2道路の用地取得費など6億8070万円を計上。今回の予算案では、取得費約3億1000万円、整備に要する工事費約1億9000万円を増額している。

 同跡地は、(公財)相模原市まち・みどり公社が、リニア関連事業の移転代替地として16年度から翌17年度まで取得する予定。予算案には、公社の用地取得費など借入金の損失補償をする約14億8000万円の債務負担行為が設定されている。なお、同跡地内には相模原協同病院も移転を予定している。

 併せて補正予算案には、基幹システムの最適化事業についても債務負担行為が再設定された。基幹システムとは、市の窓口で用いられている住民票や税情報などを管理するシステム。今回の再設定は、現行のホストコンピュータからサーバでの運用への再構築に伴うもの。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

23年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

23年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

特製マンホール蓋を設置

「はやぶさ2」関連事業

特製マンホール蓋を設置 社会

カプセル帰還成功を記念

2月11日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク