さがみはら緑区版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

相模川ビレッジ若あゆ 「自然を身近に」伝え20周年 イベントを年間通し開催

教育

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena
味噌汁を作る子どもたち
味噌汁を作る子どもたち

 今年20周年を迎えた相模川自然の村野外体験教室(大島3497の1/通称・相模川ビレッジ若あゆ)。小・中学生を対象に、様々な自然体験ができる公共施設として、自然を身近に感じてもらう取り組みを進めてきた同施設では今年、「若あゆ20周年」を冠したイベントを、年間を通して開催している。

 同施設が開所したのは1996年4月。相模原市の公共宿泊施設として、隣接する相模川自然の村(清流の里)とともに設立された。公共宿泊施設としては、1984年に開設された相模原市民たてしな自然の村(長野県北佐久郡立科町)があったが、「市内にも保養施設がほしい」との声を受け、同2施設が設立された。「若あゆ」は小・中学生を対象に、相模川など多くの自然に親しみながら自主性や創造性を育む体験ができる宿泊施設として位置づけられている。現在はふるさと自然体験教室(澤井936の1/通称・ふじの体験の森やませみ)とともに、市内の小・中学校で行われる校外学習の場として活用されているほか、登録を受けた市内の青少年団体などにも利用されている。

 6月4日には「若あゆ20周年 食農体験デー」が行われ、市内在住の小・中学生やその保護者約100人が参加。食と農業の大切さを学び、多くの人たちと触れ合うことを目的に、この日は水田での田植えと同施設で採れた米と野菜を使用した炊事体験が行われた。

 田植えでは、地元の農業組合の協力のもと、一直線に張ったロープに沿って、苗を植えていった。子どもたちからは「泥がぐちょぐちょして驚いた」「腰が痛くなって、大変な仕事だとわかった」などの感想が聞けた。その後の炊事体験では、「素材本来の味を楽しんでほしい」と、お釜で炊くご飯と野菜の味噌汁づくりに挑戦。完成した料理を食べた多くの子どもたちが笑顔を見せていた。

 同施設の宮坂賀則所長は「20年間でたくさんの方々にご利用いただきました。ここでの体験を、日々の生活の中で生かしてもらうことが私たちの願いです」と話した。同施設では今後もかかしフェスティバルや、天体ドームを使ったスターフェスティバルなど、「若あゆ20周年」を冠したイベントの開催を予定している。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク