さがみはら緑区版 掲載号:2016年7月14日号 エリアトップへ

津久井消防署 水難事故防止を呼掛け 区内キャンプ場で啓発

社会

掲載号:2016年7月14日号

  • LINE
  • hatena
青根でのパトロール
青根でのパトロール

 津久井消防署は、夏の行楽シーズン中における水の事故を防止するために、「水の事故ゼロキャンペーン」を実施している。昨年圏央道・相模原ICが開通し、同署管内のキャンプ場利用者の増加も予想されることから、よりいっそう注意が必要とされる。

 昨年の津久井署管内の水難事故救急出場件数は1件(2014年3件、2013年4件)で、青根にあるキャンプ場で発生している。キャンプ場内の河川での溺死事故も14年に1件、13年に2件発生。「大切な命を守るためにも、飲酒後の川への入水禁止や子どもから目を離さないことを呼び掛けていきたい」と同署。またキャンプ場内では水難事故以外にも一般負傷や急性アルコール中毒などの救急出動も多い。「圏央道・相模原ICが開通した影響から、管内のキャンプ場利用者の増加も予想されます。よりいっそう注意喚起を徹底していく」と同署は話す。

 同署は7月9日、「水の事故ゼロキャンペーン」に伴う合同パトロールを緑の休暇村青根キャンプ場など計4つのキャンプ場で実施した。当日は雨天ながらもバーベキューなどを楽しむ人が多く訪れており、参加した緑区イメージキャラクター「ミウル」に駆け寄る家族連れの姿が見られた。津久井警察署との合同パトロールによって、同キャンプ場内の危険箇所の情報共有が行われたほか、キャンプ場での注意事項が書かれたポケットティッシュが配布された。

 加藤雄治署長は「楽しい行楽のためにも、自然を甘く見ず、水難事故に気を付けてもらえるよう呼び掛けたい」と話した。

 また相模原北消防署管内での水難事故出場件数は昨年で3件(14年が1件、13年が3件)。そのうち1件は上大島キャンプ場で釣りをしていた人が川に流され、救急要請されたもの。同署も7月16日(土)から「水の事故防止キャンペーン」を実施。16日には同キャンプ場で、地域の関係機関と連携し、河川利用者に向けた広報活動を行う。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク