さがみはら緑区版 掲載号:2016年10月27日号 エリアトップへ

フォレストショッピングセンター 40年の歴史に幕 「対面販売」温かみ惜しむ声

社会

掲載号:2016年10月27日号

  • LINE
  • hatena
11月20日に閉店するフォレストショッピングセンターはしもと=10月18日撮影
11月20日に閉店するフォレストショッピングセンターはしもと=10月18日撮影

 橋本駅北口にある「フォレストショッピングセンターはしもと」(協同組合フォレストショッピングセンターはしもと/橋本3の14の13)が、11月20日(日)の営業をもって閉店する。創業から40年、”対面販売”による昔ながらの人情味あふれる営業スタイルで地域に親しまれてきた商業施設が、その歴史に幕を閉じる。

 同センターは、橋本商店街協同組合に加盟する経営者有志が、近隣にイトーヨーカドーやユニーといった大型の総合小売店舗ができたことを受け、その対策として1976年11月に、「協同組合橋本ショッピングセンター」(第一次)として発足させたのが始まり。先代の父親が創業時から洋服店を営み、現在組合で副理事長を務める岩岡保さん(53)は、「創業当初は2階建てでらせん階段があり、2階はレストラン街。全部で24店舗くらいあった」と記憶を辿る。その後、市の再開発に伴う建替えで、第一次同センターは終了。それぞれ1年間弱の仮店舗運営を経て2001年12月、現在の7階建て1階部分で8つの店舗が入る「フォレストショッピングセンターはしもと」(第二次)として生まれ変わった。

 個人経営の対面販売という温かみある営業スタイルにファンも多く、近隣小中学生の職場体験の受入れなど、地域に親しまれてきた。今回の閉店は、管理会社との定期契約終了に伴うもの。「残念だが、契約に基づく措置。橋本も15年後は様変わりしている。ここで終わるのが一つの区切りなのかもしれない」と同組合専務理事の石橋直樹さん(59)は話す。10年ほど前から同センターを利用しているという橋本在住の40代女性は、「生鮮の質が良く多いときは週に3、4回くらい来ています。店の人とのやり取りや細かな対応、融通がきくところがよかった」と閉店を惜しんだ。管理会社の原清開発(株)は「地元に親しまれているという認識がある。今まで大変お世話になりました」と話した。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

学校祭をオンライン中継

中野中学校

学校祭をオンライン中継 教育

生徒の願い受け「感動共有」

10月8日号

J2ライセンスを取得

SC相模原

J2ライセンスを取得 スポーツ

今季2位以上で昇格

10月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク