さがみはら緑区版 掲載号:2017年12月14日号 エリアトップへ

12月15日に杜のホールはしもとで行われるチャリティコンサートに出演するオペラ歌手の 倉原 佳子(よしこ)さん 東橋本在住 57歳

掲載号:2017年12月14日号

  • LINE
  • hatena

湧き出る愛を歌で届ける

 ○…まるで音の波が押し寄せてくるような壮大なカンツォーネで迎えてくれた。取材に答えるその声は、聴く人に生命を吹き込むようにエネルギーに満ち溢れている。コンサートで朗読する絵本のストーリーは実際にあった出来事。「あちらこちらで諍いが起き、不安な世の中。それを包み込むことができるのは母の強さ、優しさ。それぞれの子育てを思い浮かべながら聴いて欲しい」と思いを語る。

 ○…大分県出身。産声は「あひるのような低音」だったそう。その劣等感から幼少期は大好きな歌も人前では歌わず。だが高校時代、偶然歌を聞いた音楽教諭から「あなたは歌うために生まれてきた」と才能を見出されたのを機に音楽の道が開け、地元の高校から武蔵野音大短大部へ。そして東京藝大音楽学部声楽科に進学し卒業後に渡欧、拠点をオペラの本場イタリアに。ボルミオで行われたアルペンスキーW杯開会式でイタリア国歌を歌うなど華々しい演奏活動を展開した。

 ○…華麗なキャリアを築く一方、結婚生活では苦労を重ねた。一男一女を授かるも、現在は子どもと共に暮らすことのできない日々が続く。2年前には乳がんを患い手術もした。絶望に支配される時期もありながら、異国の地に暮らす最愛のわが子に届けるように歌い続けてきた。「いろいろな経験をしてきた自分だからこそ歌える歌がある」。中でも「湧き出る愛情を伝えられたら」と話す『アベマリア』には思いが強い。

 ○…海外や日本で年間150本の公演を行う「旅がらす」のような日々だったが、縁あって10月に相模原に移住。現在は東橋本を拠点に、国内外のステージでその歌声を披露している。来年1月には東京・サントリーホールで行われるコンサートでソリストを務める予定。「相模原はこれからの発展が楽しみな町。ここを拠点にして各地で歌っていきたい。歌うことで、少しでも町の役に立てれば」。歌を通して愛を運び続ける。

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

天明(てんみょう) 信子さん

民生委員を21年間務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

天明(てんみょう) 信子さん

中央区相模原在住 77歳

11月18日号

酒井 哲夫さん

相模原北防犯協会の副会長を務め、2021年秋の褒章(藍綬)を受章した

酒井 哲夫さん

相原在住 74歳

11月11日号

小松 文乃さん

「(一社)わたしのSDGs」を立ち上げた

小松 文乃さん

中央区南橋本在住 46歳

11月4日号

清水 弘さん

日本花菖蒲協会の会長で、今春花菖蒲に関する図鑑を発行した

清水 弘さん

相原在住 68歳

10月28日号

爽日(さやか)さん

このほどシンガーソングライターとしてデビューした

爽日(さやか)さん

中央区在住 20歳

10月21日号

佐藤 大介さん

東京2020パラリンピックのブラインドサッカー競技で日本代表のゴールキーパーを務めた

佐藤 大介さん

南区在住 37歳

10月14日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook