さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

橋本に防犯メジャー設置 犯罪抑止力向上に期待

社会

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
橋本駅周辺の防犯灯など80カ所に設置した
橋本駅周辺の防犯灯など80カ所に設置した

 相模原市安全・安心まちづくり推進協議会(会長・加山俊夫市長)はこの程、「防犯メジャー」を橋本駅近辺の防犯灯や道路照明灯など約80カ所に設置した。事件が発生した場合、容疑者や不審者などの背丈を把握して、警察などへの通報に活用できるほか、犯罪の抑止力を高める効果も期待されている。

 「防犯メジャー」は身長メジャーとも呼ばれ、黄色、青、赤、緑、白など、高さによって色分けされたステッカーで、識別しやすくしたもの。不審者などを目撃した際に、背丈などの特徴を把握し、あいまいな人間の記憶を助けるのに役立つとされている。コンビニやスーパーなどで先行導入され、近年は使用する自治体も少しずつ増えており、県内では横浜市の一部で採用されている。

 相模原市安全・安心まちづくり推進協議会は2017年度から、緑・中央・南の各区に分かれて、各々の地域に合わせた有効な安全、防犯対策を模索してきた。そうした中、同会緑区事務局では、犯罪などの抑止力を高める有効な手段として「防犯メジャー」の設置を検討。設置場所については、様々な意見が出されたが、緑区の中でも人口密度が最も高い橋本駅周辺をモデル地区として、先行して設置をすることに決めた。

 同協議会では1月から2月にかけて、橋本駅周辺の防犯灯や道路照明灯など約80カ所に設置を完了した。併せて、メジャーの下に「防犯パトロール中、不審者、110番」と書かれた防犯ステッカーを貼ることにより、より一層の犯罪の抑止力となることを期待している。

 同会緑区事務局では「今後、どれ位の距離から見えるのか、夜間でも効果があるかなど、住民の皆様の意見を聞いて検証していく必要がありますが、有効であれば他の地区での導入も検討していきたい」と話した。

 この件に関する問い合わせは、相模原市安全・安心まちづくり推進協議会緑区事務局(区地域振興課)【電話】042・775・8801へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

過去最大の3072億円

2020年度当初予算案

過去最大の3072億円 経済

5年連続増 台風関連重点

2月20日号

本館が新オープン

津久井合同庁舎

本館が新オープン 社会

「津久井の発展に寄与を」

2月20日号

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク