さがみはら緑区版 掲載号:2018年2月15日号 エリアトップへ

橋本に防犯メジャー設置 犯罪抑止力向上に期待

社会

掲載号:2018年2月15日号

  • LINE
  • hatena
橋本駅周辺の防犯灯など80カ所に設置した
橋本駅周辺の防犯灯など80カ所に設置した

 相模原市安全・安心まちづくり推進協議会(会長・加山俊夫市長)はこの程、「防犯メジャー」を橋本駅近辺の防犯灯や道路照明灯など約80カ所に設置した。事件が発生した場合、容疑者や不審者などの背丈を把握して、警察などへの通報に活用できるほか、犯罪の抑止力を高める効果も期待されている。

 「防犯メジャー」は身長メジャーとも呼ばれ、黄色、青、赤、緑、白など、高さによって色分けされたステッカーで、識別しやすくしたもの。不審者などを目撃した際に、背丈などの特徴を把握し、あいまいな人間の記憶を助けるのに役立つとされている。コンビニやスーパーなどで先行導入され、近年は使用する自治体も少しずつ増えており、県内では横浜市の一部で採用されている。

 相模原市安全・安心まちづくり推進協議会は2017年度から、緑・中央・南の各区に分かれて、各々の地域に合わせた有効な安全、防犯対策を模索してきた。そうした中、同会緑区事務局では、犯罪などの抑止力を高める有効な手段として「防犯メジャー」の設置を検討。設置場所については、様々な意見が出されたが、緑区の中でも人口密度が最も高い橋本駅周辺をモデル地区として、先行して設置をすることに決めた。

 同協議会では1月から2月にかけて、橋本駅周辺の防犯灯や道路照明灯など約80カ所に設置を完了した。併せて、メジャーの下に「防犯パトロール中、不審者、110番」と書かれた防犯ステッカーを貼ることにより、より一層の犯罪の抑止力となることを期待している。

 同会緑区事務局では「今後、どれ位の距離から見えるのか、夜間でも効果があるかなど、住民の皆様の意見を聞いて検証していく必要がありますが、有効であれば他の地区での導入も検討していきたい」と話した。

 この件に関する問い合わせは、相模原市安全・安心まちづくり推進協議会緑区事務局(区地域振興課)【電話】042・775・8801へ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

SC経営 DeNAが参画

SC経営 DeNAが参画 スポーツ

地域振興にタッグ

3月4日号

23年義務教育学校へ

新校は既存校舎を増改築

23年義務教育学校へ 教育

2月25日号

SC相模原 いざJ2開幕

SC相模原 いざJ2開幕 スポーツ

28日、初戦は京都サンガ

2月25日号

3.7千万円の「恩返し」

緑区地域医療を支える会

3.7千万円の「恩返し」 社会

コロナ奮闘 協同病院へ寄付

2月18日号

6年ぶり減の2,989億円

当初予算案一般会計

6年ぶり減の2,989億円 政治

緊縮編成 コロナ対策継続

2月18日号

気候研究で環境大臣賞

ふじの里山くらぶ

気候研究で環境大臣賞 文化

5年間の活動が評価

2月11日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク