さがみはら緑区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

青山の小松屋 キャラクター三味線、発表 有名デザイナーとコラボ

文化

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
三味線を手に説明する小松社長(上)、天野氏がデザインした三味線(下)
三味線を手に説明する小松社長(上)、天野氏がデザインした三味線(下)

 青山に本社を置く三味線卸・製造の(有)小松屋(小松英雄社長)はこの程、世界に販路を広めるべく、世界的に有名なキャラクターデザイナーである天野喜孝氏の協力を得て、サソリの形をした女性がデザインされたキャラクター三味線を発表した。

 高齢化や演奏者の減少などにより国内市場が縮小している三味線業界。小松屋は生き残りをかけて、海外への販路拡大を目指していた。そうした中、ゲームソフト・ファイナルファンタジーやヤッターマン、ガッチャマン等人気作品のデザイナーとして知られる天野喜孝氏に協力を仰ぎ、赤いドレスを着た女性がさそりを連想させるキャラクターがデザインされた三味線を発表する運びとなった。小松社長は「天野先生の作品は、海外で特に著名です。今回の三味線は主に観賞用となりますが、まず手にして三味線の良さを知って欲しい」と願う。11月には日本文化を紹介する英国の展覧会にも出展予定だ。

3年前、人工皮「リプル」を発明

 三味線の原材料である猫や犬の本皮は、ワシントン条約や動物愛護などの理由で輸出規制がある。加えて、動物の皮は破れやすく、維持コストがかかるなどの問題を抱えている。小松屋は、そうした問題を解決するため、約10年の構想と研究を重ね、3年前に三味線の素材として、本皮に劣らない音色を出せる人工皮『リプル』を開発して製品化に成功した。リプルは人工皮のため、本皮と違いキャラクターなども描ける。そうした利点を考慮し、社員が大のファンであったという天野氏に知人を介してデザインを依頼。日本の伝統工芸に理解のある天野氏も快諾し、今回の製作に至った。「リプルはその用途により、安価なものから高価な三味線まで対応可能です。多くの人に三味線を手にしてもらうきっかけになれば」と小松社長は話す。今後は、段ボールを使用した工作方式で、自身で組み立てる三味線の発売や近隣大学と協働して若者が喜びそうな三味線の開発にも取り組んでいく。

 問合せは(有)小松屋【電話】042・780・8518。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市民向け初の運転体験会

鉄道模型サークル

市民向け初の運転体験会 文化

Nゲージの楽しさを周知

10月17日号

台風19号 市内でも猛威

台風19号 市内でも猛威 社会

緑区で死者 緊急放流も

10月17日号

はやぶさ2 最終任務完了

はやぶさ2 最終任務完了 社会

年末にかけ帰還準備へ

10月10日号

元世界王者にTKO勝ち

プロボクサー中谷潤人選手

元世界王者にTKO勝ち スポーツ

タイトルへ 「前哨戦」を圧倒

10月10日号

市民反対受け撤回へ

「冒険の森」に駐車場拡張

市民反対受け撤回へ 社会

代替地目途も一因か

10月3日号

商品化で普及に一役

津久井在来大豆

商品化で普及に一役 経済

商工会女性部が新委員会

10月3日号

同性カップル公的承認へ

相模原市

同性カップル公的承認へ 社会

パートナー制度、意見募集

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク