さがみはら緑区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した 伊藤 信吾さん 中央区富士見在住 55歳

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

街の身近な法律家に

 ○…関東圏では東京の3会に次ぐ規模を誇る神奈川県弁護士会。4月1日現在、総会員数は1663人を数える。互助組織ではなく、すべての弁護士が加入する法定団体だ。本部(横浜)と川崎・県西・横須賀・相模原の4支部からなり、相模原支部会員として初の会長職となる。任期は4月1日から1年間。「弁護士が街の中に広がり、身近な存在になるよう努めていきたい」と抱負を語る。

 ○…弁護士の使命は基本的人権の擁護と社会正義の実現。「弱者の立場に立ち、弁護士会が言うべきことをちゅうちょしてはいけない」ときっぱり。人権擁護というのは、多数決から漏れてしまう少数者を救うことでもあると指摘した。

 ○…父親の仕事を間近で見ていて「人に感謝される。いい仕事だと思った」と弁護士を志す。早稲田大学法学部を卒業後、3年間の苦学の日々を過ごし1989年に司法試験をパス。熊本での2年間の司法修習を経て横浜市中区の弁護士事務所へ。その後、地元相模原で父親と一緒に事務所を開設した。「個人や中小企業の相談に応じるいわゆる『まち弁』です」。30代は誘われるがまま入った青年会議所の活動にも汗を流した。現在は、妻と娘の3人で暮らす。

 ○…息抜きはLINEのスタンプ作り。「パソコンでイラストを描くのが好きですね」と笑顔で語る。7200人超のメンバーを持つフェイスブックグループ「さがみはらぶ」の管理人の顔も。また、地域活動を草の根的に育てる市民ファンドも主宰する。これら地域に深く関わってきた経験からも、依然、ハードルが高いとされる弁護士について「日常的にもっと外へ出ていくべき」と訴える。その上で「我々の活躍の場が県全域に広げられるよう、会として取り組んでいきたい」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

三樹 三一(みつかず)さん

ボランティア団体「三太の里共和国」の第6代大統領を務める

三樹 三一(みつかず)さん

三ヶ木在住 70歳

5月23日号

大塚 恵美さん

ピアニストで、5月23日に初めてのミニアルバムをリリースする

大塚 恵美さん

中央区矢部在住 29歳

5月16日号

田中 裕二さん

4月から市青年工業経営研究会(青工研)の2019年度会長を務める

田中 裕二さん

中央区小町通在住 41歳

4月18日号

稲本 潤一さん

元サッカー日本代表で、今季SC相模原に入団した

稲本 潤一さん

中央区在住 39歳

4月11日号

市丸 克己さん

相模原市青少年指導員を務め、4月で20年目を迎え、現在は会長としても活動する

市丸 克己さん

中央区上溝在住 67歳

4月4日号

渡辺 真維さん

LGBTs支援団体「からふるテラス」を設立した

渡辺 真維さん

相模原市在住 33歳

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク