さがみはら緑区版 掲載号:2019年4月25日号 エリアトップへ

2019年度の神奈川県弁護士会会長に就任した 伊藤 信吾さん 中央区富士見在住 55歳

掲載号:2019年4月25日号

  • LINE
  • hatena

街の身近な法律家に

 ○…関東圏では東京の3会に次ぐ規模を誇る神奈川県弁護士会。4月1日現在、総会員数は1663人を数える。互助組織ではなく、すべての弁護士が加入する法定団体だ。本部(横浜)と川崎・県西・横須賀・相模原の4支部からなり、相模原支部会員として初の会長職となる。任期は4月1日から1年間。「弁護士が街の中に広がり、身近な存在になるよう努めていきたい」と抱負を語る。

 ○…弁護士の使命は基本的人権の擁護と社会正義の実現。「弱者の立場に立ち、弁護士会が言うべきことをちゅうちょしてはいけない」ときっぱり。人権擁護というのは、多数決から漏れてしまう少数者を救うことでもあると指摘した。

 ○…父親の仕事を間近で見ていて「人に感謝される。いい仕事だと思った」と弁護士を志す。早稲田大学法学部を卒業後、3年間の苦学の日々を過ごし1989年に司法試験をパス。熊本での2年間の司法修習を経て横浜市中区の弁護士事務所へ。その後、地元相模原で父親と一緒に事務所を開設した。「個人や中小企業の相談に応じるいわゆる『まち弁』です」。30代は誘われるがまま入った青年会議所の活動にも汗を流した。現在は、妻と娘の3人で暮らす。

 ○…息抜きはLINEのスタンプ作り。「パソコンでイラストを描くのが好きですね」と笑顔で語る。7200人超のメンバーを持つフェイスブックグループ「さがみはらぶ」の管理人の顔も。また、地域活動を草の根的に育てる市民ファンドも主宰する。これら地域に深く関わってきた経験からも、依然、ハードルが高いとされる弁護士について「日常的にもっと外へ出ていくべき」と訴える。その上で「我々の活躍の場が県全域に広げられるよう、会として取り組んでいきたい」と話した。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

小林 朱見さん

津久井やまゆり園、藤野薫風などを訪れ音楽療法士として交流する

小林 朱見さん

清川村在住 60歳

9月12日号

井上 克彦さん

青根・青野原地区の鳥獣保護管理員として被害対策に尽力する

井上 克彦さん

牧野在住 60歳

9月5日号

野村 邦丸さん

ラジオパーソナリティで、今年4月から相模原市名誉観光親善大使を務めている

野村 邦丸さん

中央区在住 62歳

8月29日号

中村 好孝さん

神奈川県司法書士会相模原支部の支部長を務める

中村 好孝さん

南区相模大野在住 48歳

8月22日号

宮崎 華奈さん

女子ビーチサッカーチーム「東京レキオスレディースBS」で全国大会を目指す

宮崎 華奈さん

中央区田名在住 28歳

8月15日号

松井 克之さん

一般社団法人 神奈川県歯科医師会の新たな会長となった

松井 克之さん

南区新磯野在住 64歳

7月25日号

横谷 晴義さん

第51回全国公募ローマン展で東京都知事賞を受賞した

横谷 晴義さん

町屋在住 70歳

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月19日号

お問い合わせ

外部リンク