さがみはら緑区版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

県看護賞 協同病院・大塚さんが受賞 7万6千人から選出

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena
記念の看護章と章記を手に微笑む大塚さん=5月25日、相模原協同病院
記念の看護章と章記を手に微笑む大塚さん=5月25日、相模原協同病院

 相模原協同病院の看護師・大塚孝子さん(58)=人物風土記で紹介=がこのほど、「神奈川県看護賞」を受賞した。

 この賞は、県内で保健師、助産師、看護師、准看護師として業務に従事している約7万6千人を対象に、顕著な業績をあげた人を表彰して功労に報いるとともに、県民の看護に対する理解を深めることを目的に、1966年から始まった表彰制度。今回で54回目となる。

 大塚さんは、1982年に同院へ入職。以来、長きにわたり看護師として地域住民の健康保持に貢献し、また看護部長として病院経営に尽力したことなどが評価された。「愛着を持って長く病院に勤めてこられたことが唯一の功績」と大塚さんは受賞について語った。

 今回の受賞者は10人(保健師2、助産師1、看護師7人)。5月12日の「看護の日」にちなんだ看護週間の17日には、県立青少年センターで贈呈式が行われた。会場には県内の看護学校7校から約600人の看護学生や関係者がつめかけ、受賞者に温かな拍手を送った。

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

迫力の取組で観客魅了

迫力の取組で観客魅了 スポーツ

市内巡業 人気力士に歓声

10月17日号

土器2点が市文化財に

土器2点が市文化財に 文化

大日野原遺跡から出土

10月17日号

子どもの力作大集合

子どもの力作大集合 教育

19日・20日 アリオで工作展

10月17日号

障がい者と競技で交流

障がい者と競技で交流 社会

津久井中央RC

10月17日号

まこちゃん手術終え帰国

まこちゃん手術終え帰国 社会

救う会「応援が支えに」

10月17日号

民謡民舞の成果競う

民謡民舞の成果競う 文化

20日 市民会館で

10月17日号

藤野小で交通安全指導

藤野小で交通安全指導 社会

津久井交通安全協会ら

10月17日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク