さがみはら緑区版 掲載号:2019年6月20日号 エリアトップへ

相模原橋本RC 五輪盛り上げに一役 商店街にのぼり旗を寄贈

社会

掲載号:2019年6月20日号

  • LINE
  • hatena
横60cm×縦180cmの旗の横に立つ相模原橋本RCオリパラ担当委員の小島秀男さん(右)と江成藤吉郎さん
横60cm×縦180cmの旗の横に立つ相模原橋本RCオリパラ担当委員の小島秀男さん(右)と江成藤吉郎さん

 緑区の一部が2020年東京五輪競技大会自転車ロードレース競技のコースとなっていることから、橋本を拠点とする奉仕団体「相模原橋本ロータリークラブ」(橋本RC/奥田経男会長)はこのほど、レースをPRするための「のぼり旗」を作成し、橋本商店街協同組合(古橋裕一理事長)と相原二本松商店街(上原泰久会長)に寄贈した。

 同競技は今年7月21日(日)に各国代表級の選手が集い、五輪とほぼ同じコースを使ったテストイベントが開かれることが決まっている。橋本RCではテストイベントの段階から市民の注目を集め、来年の五輪本番への機運を高めようと、4月頃からPRを模索していた。

 市に様々な提案をする中で、のぼり旗を作り、エリア界隈が競技の走行ルートとなっている橋本・相原二本松の両商店街へ寄贈する取り組みに着手。市を通じて大会組織委員会への申請を済ませ、5月末に製作を開始して、完成したのぼり旗を6月12日に40本ずつ、各商店街へ配布した。

 旗には、来年7月25日(土)・26日(日)に実施される自転車ロードレース競技を告知する内容を記した。橋本RCオリパラ担当委員の小島秀男さんは、「テストイベントは本番さながらと聞いている。ここで大会を盛り上げ、来年の本番に向けて機運を醸成したい。協力店には一年間、設置と管理をお願いすることになるが、各店舗の皆さんも一緒に五輪を盛り上げていってもらえたら」と話している。

 橋本商店街協同組合では、「協力店舗を選定し、なるべく早く設置を進めたい。まさに今、テストイベントに合わせて当商店街でも企画を練っており、相乗効果が期待できる。共に大会をPRしていきたい」と話す。また相原二本松商店街は、「わがまちで五輪が行われるなんて一生に一度あるかないか。トップアスリートが通ったコースは遺産としても残る。いただいた旗を大切に使い、沿道だけでなく地域全体が盛り上がれるようにしていきたい」と話している。

 このほか、橋本RCでは、横断幕の作成や、市が進めている街路灯バナー広告への協力にも取り組んでいる。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

ホンジュラス大使らと交流

橋本RC

ホンジュラス大使らと交流 社会

「安全なお産」支援事業で絆

2月13日号

団地×女子大=地域活性

団地×女子大=地域活性 文化

公社と相模女子大が協定

2月13日号

蛍保護団体へ市が指定

阿津川

蛍保護団体へ市が指定 社会

5カ所目 「観光の目玉に」

2月6日号

9年ぶりの頂点目指す

東海大相模

9年ぶりの頂点目指す スポーツ

「春の選抜」出場決定

2月6日号

「緑のラブレター」を点灯

藤野商工会青年部

「緑のラブレター」を点灯 経済

3月 45周年事業の一環で

1月30日号

「原爆」作品、米大学に収蔵

写真家江成常夫さん

「原爆」作品、米大学に収蔵 文化

日本人初 「核廃絶で意義」

1月30日号

国内最高峰の大会誘致

自転車ロードレース

国内最高峰の大会誘致 スポーツ

「五輪後のレガシー」実現へ

1月23日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク