さがみはら緑区版 掲載号:2019年10月3日号 エリアトップへ

第5回つくい湖湖上祭の実行委員長としてイベントを先導する 山崎 和樹さん 日連在住 38歳

掲載号:2019年10月3日号

  • LINE
  • hatena

住民から”共感”を呼ぶ祭に

 ○…11月17日の午前10時から午後6時、津久井湖城山公園水の苑地で開催される。今年のスローガンは『共感』。メインとなる花火は、午後5時35分から1500発が打ち上げられる。打ち上げにかかる費用の大半は、地元を中心にした約300の企業の寄付によるもの。「年々、協力頂ける企業数、金額も増え感謝している。地域を代表する冬のイベントにという理念に『共感』頂いている」。心地の良い音楽をバックに流しながら、次々と打ち上がる花火は独特な雰囲気を作り出すと好評だ。昨年の見物客は1万2千人。「初冬の津久井の山々を背景に、打ち上がる花火は幻想的なのでぜひ来場を」と呼びかける。

 ○…「昼には対岸の花の苑地でイルミネーションの点灯式もある。協力して、津久井湖畔で楽しめる一日にしたい」と話す。津久井JCと協力した職業体験ができるコーナーの他、大好評の大抽選会、地元の食べ物や特産品が買える約25のブースが設置される。「多くの方に”津久井”の素晴らしさを広めるとともに、地域の子どもにその良さを改めて考えてもらう機会にしたい」

 ○…小・中学校では藤野リトル・シニア(現相模原西)、高校では山梨県の強豪校日大明誠でピッチャーとして活躍した。今でも地元の仲間とチームを組み、休みには草野球を楽しむ。「津久井は元来野球が盛んな地域。チーム数の減少など厳しい面もあるが、地域の野球熱をあげていきたい」と力強い。

 ○…藤野生まれの藤野育ち。父親とともに経営する「スーパーまつば」は食料品や生活用品を揃える地域に欠かせぬ”まちの市場”だ。「高齢者が多い地区。経営的には厳しい面もあるが、地域唯一のスーパーとして少しでも地域に役立てれば」と強い思いを語った。

さがみはら緑区版の人物風土記最新6

原 和彦さん

相模原市消防団長に就任した

原 和彦さん

中央区東淵野辺在住 60歳

5月14日号

小泉 香央里さん

東京シティ・バレエ団に所属し、バレエダンサーとして活躍が期待される

小泉 香央里さん

橋本台在住 21歳

5月8日号

城ヶ滝 一朗さん

アメリカンフットボール・ノジマ相模原ライズの新ヘッドコーチに就任した

城ヶ滝 一朗さん

中央区相模原在住 42歳

3月26日号

高城 昌孝さん

創刊5周年を迎えたはしもとフリーマガジン「めぐり報」を発行している

高城 昌孝さん

橋本在住 46歳

3月5日号

梶浦 奈緒子さん

日本画家で、岩絵具の普及に努める

梶浦 奈緒子さん

川尻在住 34歳

2月27日号

北野 誠さん

女子サッカーチーム・ノジマステラ神奈川相模原の監督に就任した

北野 誠さん

町田市在住 52歳

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク