さがみはら緑区版 掲載号:2019年11月14日号 エリアトップへ

世界的名将、施設に太鼓判 市の五輪キャンプ地視察

スポーツ

掲載号:2019年11月14日号

  • LINE
  • hatena
本村市長(左)と笑顔で手をつなぐピア監督(中央)ら
本村市長(左)と笑顔で手をつなぐピア監督(中央)ら

 2020東京オリンピック競技大会において、相模原市で事前キャンプを行うブラジル選手団から1日、女子サッカー代表監督のピア・スンドハーゲ氏が来日し、練習で使用予定の相模原ギオンスタジアムで視察を行った。2012年にFIFA女子最優秀監督を受賞した世界的名将のピア監督は「ここには必要なものが全て揃っている」と満足そうに話した。

 この日、相模原市を訪れたのはピア監督とブラジルサッカー連盟女子代表コーディネーターのマルコ・クーニャ氏。市からは本村賢太郎市長らが笑顔で出迎えた。

 視察前の会談で本村市長は、「相模原市をキャンプ地に選んでいただき、72万市民が誇りに思っている。トップアスリートに接することは貴重な心の財産になる」と話し、市を挙げて最大限のバックアップをしていくことを約束した。2008年から2012年まで女子サッカーアメリカ代表監督を務めたピア監督は「日本は私にとって良きライバルだった特別な国。日本に来られて光栄だし、日本から学べることもたくさんあると思う」と笑顔で応じた。

 その後はグラウンドに降りて芝の状態などを確認。フィールドのサイズや照明施設についても職員らに質問しながら、会議室やロッカールームなども見学して回った。

 視察後に取材に答えたピア監督は「芝を見ればよく手入れされているスタジアムであることが分かる。ここには必要なものが全て揃っていて大変満足している」と語った。選手と市民との交流などについては未定な部分も多いとしながら「ブラジルには子どもたちのお手本になれる素晴らしい選手がたくさんいる。特に(ブラジルでサッカーの女王と呼ばれる)マルタ選手のプレーはぜひ見に来てほしい」と話した。また「市民の皆さんが楽しみにしていると聞けたことが一番いいニュース。とても嬉しい気持ちで選手たちも来日できると思う」と笑顔を見せた。

 相模原市とブラジルオリンピック委員会は、2017年に事前キャンプ地に関する覚書を交わし、今年1月に正式な協定を締結している。相模原市ではブラジル選手団のうち、女子サッカー、競泳、飛込、アーティスティックスイミング、女子バレーボール、バドミントン、フェンシング、カヌースプリントの8競技が事前キャンプを行う予定だ。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

立民が長友県議擁立へ

次期衆院選県第14区

立民が長友県議擁立へ 政治

選定難航も目途

11月26日号

最新情報を随時更新

さがみはら防災マップ

最新情報を随時更新 社会

電子マップ6年ぶりに刷新

11月26日号

小中一貫 待望の開校式典

相模原市立青和学園

小中一貫 待望の開校式典 教育

市内初の義務教育学校

11月19日号

相模原から世界王者誕生

ボクサー中谷選手

相模原から世界王者誕生 スポーツ

「応援活力に」 有言実行

11月19日号

ソレイユさがみが20周年

ソレイユさがみが20周年 文化

「市民が主役 繋がりに感謝」

11月12日号

遊び場づくりで市場調査

子育て支援策

遊び場づくりで市場調査 社会

市民の声受け初の検討

11月5日号

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月26日号

お問い合わせ

外部リンク