さがみはら緑区版 掲載号:2020年3月19日号 エリアトップへ

LCA国際小6年生 岡島さんが国連英検合格 児童では全国で1人

教育

掲載号:2020年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 日本国際連合協会が主催する「国際連合公用語英語検定試験」(国連英検)で2番目の難度となるA級に、LCA国際小学校(下九沢)に通う岡島花蓮さん(南区在住/12歳)が合格した。今回A級に合格した児童は岡島さんのみで、同校は「英語の能力だけでなく国連に関する深い知識を問われるため、難しい資格のひとつ。英語教育に力を入れている本校でも合格は初めて」と話している。

◇◇◇

 同試験は、国連普及活動の一環として実施されている。岡島さんが合格したA級は、英検1級やTOEIC900点以上に値すると言われており、一次試験では文法問題のほかに作文も出題。二次試験では、国際情勢に関する知識を問われる面接、討論が課されている。

国際情勢も学習

 岡島さんは帰国子女ではないが、幼少期から家庭で英語の本を読み聞かせしてもらうなどして語学に親しんできた。3歳から同校のプリスクールに通い、5歳の時に英検3級に一度目で合格。小学4年生の時には英検1級を取得した。

 英検を通じて国際社会に興味を持つようになった岡島さんは、国際情勢の勉強も兼ねて国連英検の受験を決意。「英語の学習が趣味」という言葉通り、学校から帰宅すると単語帳をめくり、イギリスBBCラジオを聴き耳を慣れさせた。休日には、母の晶子さんと英字新聞の1面を読み、討論するなど熱心に取り組んできた。

2度目の挑戦

 昨年の5月に同試験の最難関となる特A級と、2番目の難度のA級を受験。両級とも点数が足りず、1次試験で不合格となった。文法や語彙を徹底的に復習した岡島さんは、10月に挑んだ受験ではA級の一次試験を突破し、12月に行われた二次試験も合格。特A級は規定の点数にあと1点届かず、一次試験で涙をのんだ。現在は今年行われる同試験に向け、対策に臨んでいる。

 同試験を通じ、「国連関連の仕事か、国際弁護士になりたい」という夢を持った岡島さん。「英語の勉強は難しいが、理解できるとうれしい。合格できてよかった。次は特A級試験の合格を目指したい」と笑顔を見せた。

 タウンニュースさがみはら緑区版3月19日号のトップ記事「岡島さんが国連英検合格」内に誤りがありました。「LCA国際小学校(下九沢)」とあるのは、正しくは「LCA国際小学校(橋本台)」です。ここに訂正いたします。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

子の笑顔 オンラインでも

新型コロナウイルス

子の笑顔 オンラインでも 教育

幼稚園も試行錯誤

5月28日号

54年の歴史に幕

津久井RC

54年の歴史に幕 経済

経済、教育 地域発展に寄与

5月28日号

コロナ対策、5月補正33億

【Web限定記事】 相模原市

コロナ対策、5月補正33億 政治

妊婦、事業者などを支援

5月21日号

手作りマスクに社会意義

【Web限定記事】小規模多機能ホーム「ななかまど」

手作りマスクに社会意義 社会

利用者らが300枚販売

5月21日号

定額給付金 市が受付開始

定額給付金 市が受付開始 経済

早くて5月下旬に振込

5月14日号

福祉事業者 対応に一手

新型コロナウイルス

福祉事業者 対応に一手 社会

ビデオ通話で面会も

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

さがみはら緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク