さがみはら緑区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

アリオ橋本 「七夕まつり 絶やすまい」 今日から観覧形式で実施

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
正面入り口のフォトスポットに掲出されている竹飾り
正面入り口のフォトスポットに掲出されている竹飾り

 橋本の夏の風物詩で、市を代表する観光行事の一つでもある「橋本七夕まつり」の中止を受け、アリオ橋本では今日7月23日(木・祝)から8月10(月・祝)まで「アリオ橋本七夕まつり」を行う。橋本七夕まつり実行委員会もこれに協力し、実際にまつりで使用された飾りなどを提供する。

 橋本駅北口周辺の七夕通りなどを会場に、毎年8月に行われる橋本七夕まつり。戦後経済の商業振興の目玉として橋本商店街の商店主らを発起人としてスタートした。第1回は1952年。年々飾り付けが盛大になり、昨年は約250本の竹飾りが七夕通りを埋め尽くし、模擬店やステージ演芸も実施。延べ約36万3千人の人出で賑わった。

七夕まつり実行委も協力

 元々ステージ会場として同まつりに参加していたアリオだが、今年5月、新型コロナウイルス感染症拡大防止対策で同実行委が中止を発表。これを受け、アリオは「地元の商業施設としてできる形で実施できないか」と検討し、人を集めるイベント形式ではなく「買い物がてら見て楽しめる」観覧形式での七夕まつりを行うことに。アリオから話を受けた同実行委もこれに賛同し、竹飾りの提供などを通してまつりの雰囲気作りに一役買うことになった。

 正面入り口には、同実行委による竹飾りをあしらったフォトスポットを用意。2階吹き抜け部分には「天の川」を模した飾りを大きく張り出し、1階イベント広場のグランドガーデンには吹き流しも飾られる。アリオ橋本の野尻敏行支配人は「橋本の夏といえば七夕まつり。中止になってしまったのは大変残念だが、まつりの雰囲気を感じて、少しでも皆さまの記憶をつなぐ役割が果たせれば」と話している。竹飾りなどの提供をした同実行委員長の江成藤吉郎さんは、「感染防止のため今年は七夕まつりを開催できない、となったときに声をかけていただき大変感謝している。コロナが収束した来年、今年の分も合わせ盛大に実施したい」と話した。

 館内の七夕飾りは、8月10日(月・祝)まで常時観覧することができる。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

コロナを灯で吹き飛ばす

津久井湖城山公園

コロナを灯で吹き飛ばす 文化

4万5千球が神秘的に

10月29日号

WEリーグ参入決まる

ノジマステラ神奈川相模原

WEリーグ参入決まる スポーツ

日本初 女子プロサッカー

10月29日号

相模原をドローンの町に

相模原をドローンの町に 社会

中央区横山に新拠点誕生

10月22日号

官民で防災意識が向上

台風19号から1年

官民で防災意識が向上 社会

寄付、復旧活動に積極性

10月22日号

里親委託率、上昇傾向に

里親委託率、上昇傾向に 社会

10年以内に50%めざす

10月15日号

小編成の部で初全国へ

橋本高校吹奏楽部

小編成の部で初全国へ 教育

オンライン練で結束強め

10月15日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク