さがみはら緑区版 掲載号:2020年9月17日号 エリアトップへ

地元有志 宇宙通じ夢創出へ新組織 JAXAとの交流を深化

社会

掲載号:2020年9月17日号

  • LINE
  • hatena
発起人代表の茅さん(左から4番目)、國中所長(同5番目)、JAXA・商店会関係者、市職員ら
発起人代表の茅さん(左から4番目)、國中所長(同5番目)、JAXA・商店会関係者、市職員ら

 「はやぶさ2」の帰還で宇宙に関心が集まる中、宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所と相模原市、市民がより身近な存在となり、共に宇宙を通じ夢を育もうと地元有志による新組織が誕生した。今後は交流行事などで関係をさらに深め、全市でJAXAを応援していく方針だ。

 組織の名は「JAXA宇宙科学研究所と夢を創る会」。市内に宇宙科学研究所(以下宇宙研)の相模原キャンパスがあることから地元色を濃くするため、あえて宇宙研の名称を加えている。

 これまで、同所にほど近い商店街として、淵野辺駅北口を中心とする「にこにこ星ふちのべ商店会」では宇宙をテーマにまちづくりを進め、JAXAから感謝状を贈呈されるなど良好な関係を築いてきた。

 そうした中、JAXAの関係施設を有する国内の各地域で結成された「銀河連邦共和国」の鹿児島県肝付町を商店街メンバーが視察した際、JAXAスタッフと大勢の町民が集まって応援する会を催しているのを知る。そこで、相模原でも交流行事で市民とJAXAをより身近にする必要があると実感。世界が注目するはやぶさ2の計画とそこにかかわるスタッフを応援する機運を醸成していく目的も込め、昨年から会の設立が検討されてきた。設立後は、はやぶさ2の帰還応援の行事を市の目玉にし、全国にPRする予定だった。

 だが、新型コロナウイルスの感染拡大で白紙状態に。当初は6月の設立をめざすも困難な状況で叶わず、緊急事態宣言後に協議を重ねた末、9月の設立にこぎつけた。

 会の発起人代表の茅明夫さんは、はやぶさ2計画以外のスタッフとも関係を深めていく考えを明かした上で、「JAXAと市民の接点を増やして架け橋になるような活動がしたい」と今後を見据える。

帰還PVなど行事続々

 11日の設立総会には宇宙研の國中均所長らの他オンラインで30人が参加。会の規約や今後の計画について報告された。國中所長は市民の応援に感謝を述べた上で、会の設立に関して「とても心強く感じる。応援とともに宇宙科学事業を推進していきたい」と期待感と事業への意欲を示した。

 はやぶさ2の現状は「順調に地球に接近している」とし、豪政府の協力で100人規模のスタッフを帰還予定の12月6日までに現地に派遣する計画を示した。併せて、小惑星リュウグウで採取して持ち帰ったカプセルについて「何らかの形で皆さんにお見せできるようしたい」と話し、前回のはやぶさと同様、披露する場を設ける考えを明らかにした。

 本村賢太郎市長はビデオメッセージを寄せ、「昨年は市とJAXAは連携協定を結ぶなど、市にとって欠かせない存在。市としても将来、子どもたちが宇宙を通じて描く夢を応援していきたい」とし、「帰還はぜひ市民一体で盛り上げたい」と決意を見せた。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

宇宙通じ夢創出へ新組織

地元有志

宇宙通じ夢創出へ新組織 社会

JAXAとの交流を深化

9月17日号

中3生へ「最高の思い出に」

サッカー・ドリームマッチ

中3生へ「最高の思い出に」 スポーツ

元日本代表との対戦実現

9月10日号

コロナ対策で店先営業

橋本商店街協同組合

コロナ対策で店先営業 社会

国の規制緩和受け 11月まで

9月10日号

「最年少」ビリヤードプロに

中央区在住奥田さん

「最年少」ビリヤードプロに スポーツ

先月 世界一めざす

9月3日号

純相模原産日本酒を

緑区農家有志

純相模原産日本酒を 文化

酒米栽培に奮闘中

9月3日号

特別な夏 有終のV

東海大相模

特別な夏 有終のV スポーツ

県独自大会終了 

8月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月17日号

お問い合わせ

外部リンク