さがみはら緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

災害時のペット支援強化 市、民間と協定 物資提供へ

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする本村市長(左から4番目)と米津社長(右から3番目)
協定書を手にする本村市長(左から4番目)と米津社長(右から3番目)

 災害時に避難所などでペットを飼養管理する際に必要となる物資を提供することを目的とした協定が10月1日、相模原市とイオンペット(米津一郎社長)との間で締結された。

 今回の協定により災害発生時、相模原市の要請で、市内外にある同社が運営する動物病院やペット用品取り扱い店舗から、ケージや首輪・リード、ペットフード、トイレ用品など、避難所での飼養管理に必要な物資の提供が受けられるようになった。

 本村賢太郎市長は昨年の台風19号で、ペットの飼い主から避難に関する相談が多数寄せられたことを明かし、「ペットを連れた避難者をしっかり受け入れられるようにご支援をお願いしていく。協定の締結を心強く思う」と謝辞を述べた。米津社長は「ペット産業としても非常に大きな一歩。地域に貢献していきたい」と決意を新たにした。

災害対策啓発も

 一方、飼い主に向けた啓発として、市は9月にペットを連れて避難する場合の行動指針となる「風水害時にペットを連れて避難する際のお願い」を作成した。

 昨年までは、ペット連れの避難者への対応が避難場所によって異なるなど、受け入れ体制が整っていないことが問題となっていた。

 7月に策定された「風水害時避難場所運営マニュアル」にペット連れ避難者を「人命救助の観点から受け入れる」と方針を明確化するとともに、このほど作成した行動指針の中に避難時の持ち物とルールを明示。市ホームページの「ペットの災害対策」や、市内動物病院などにポスターを掲示し飼い主への周知を図っていく。

 市生活衛生課主任で獣医師の佐藤陽子さんは「ペットを守るのは飼い主。一人ひとりが責任をもって日頃の準備をしたうえで、必要な際はためらわずに一緒に避難を」と呼び掛けている。

 この件に対する問合せは、相模原市生活衛生課【電話】042・769・8347へ。

相模原市から大切なおしらせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

魅せる和紙のコラージュ

魅せる和紙のコラージュ 文化

6月5日まで 相模湖交流センター

5月26日号

地域の交流拠点に

地域の交流拠点に 社会

森ラボが本格稼働

5月26日号

シンボルマークを配布

希少「カザグルマ」を守る

人物風土記関連記事

希少「カザグルマ」を守る 文化

地元団体が保全活動

5月19日号

日本酒の完成を報告

日本酒の完成を報告 文化

地元有志ら次回にも意欲

5月19日号

橋本図書館で「雨」の本展示

橋本図書館で「雨」の本展示 文化

6月30日まで

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook