さがみはら緑区版 掲載号:2020年10月15日号 エリアトップへ

災害時のペット支援強化 市、民間と協定 物資提供へ

社会

掲載号:2020年10月15日号

  • LINE
  • hatena
協定書を手にする本村市長(左から4番目)と米津社長(右から3番目)
協定書を手にする本村市長(左から4番目)と米津社長(右から3番目)

 災害時に避難所などでペットを飼養管理する際に必要となる物資を提供することを目的とした協定が10月1日、相模原市とイオンペット(米津一郎社長)との間で締結された。

 今回の協定により災害発生時、相模原市の要請で、市内外にある同社が運営する動物病院やペット用品取り扱い店舗から、ケージや首輪・リード、ペットフード、トイレ用品など、避難所での飼養管理に必要な物資の提供が受けられるようになった。

 本村賢太郎市長は昨年の台風19号で、ペットの飼い主から避難に関する相談が多数寄せられたことを明かし、「ペットを連れた避難者をしっかり受け入れられるようにご支援をお願いしていく。協定の締結を心強く思う」と謝辞を述べた。米津社長は「ペット産業としても非常に大きな一歩。地域に貢献していきたい」と決意を新たにした。

災害対策啓発も

 一方、飼い主に向けた啓発として、市は9月にペットを連れて避難する場合の行動指針となる「風水害時にペットを連れて避難する際のお願い」を作成した。

 昨年までは、ペット連れの避難者への対応が避難場所によって異なるなど、受け入れ体制が整っていないことが問題となっていた。

 7月に策定された「風水害時避難場所運営マニュアル」にペット連れ避難者を「人命救助の観点から受け入れる」と方針を明確化するとともに、このほど作成した行動指針の中に避難時の持ち物とルールを明示。市ホームページの「ペットの災害対策」や、市内動物病院などにポスターを掲示し飼い主への周知を図っていく。

 市生活衛生課主任で獣医師の佐藤陽子さんは「ペットを守るのは飼い主。一人ひとりが責任をもって日頃の準備をしたうえで、必要な際はためらわずに一緒に避難を」と呼び掛けている。

 この件に対する問合せは、相模原市生活衛生課【電話】042・769・8347へ。

日本墓石店100選の店

峰山霊園ほか墓石施工。安心の地元石材店!

https://satosekizai.co.jp/

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

相模原をバスケの聖地へ

1月発足「相模原プロセス」

相模原をバスケの聖地へ スポーツ

トップリーグ参入めざす

11月19日号

ポニーと住民がふれあい

ポニーと住民がふれあい 社会

若葉台住宅を考える会

11月19日号

自転車事故に気をつけて

自転車事故に気をつけて 教育

城山高校で実演指導

11月19日号

雨乞山にドラム缶5基

雨乞山にドラム缶5基 社会

防火用 串川財産区が設置

11月19日号

食材配布で子育て応援

相模原市

食材配布で子育て応援 社会

ひとり親家庭など対象に

11月19日号

日本の歩む道は

演説大会

日本の歩む道は 教育

11月28日 杜のホールはしもと

11月19日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年11月19日号

お問い合わせ

外部リンク