さがみはら緑区版 掲載号:2020年12月24日号 エリアトップへ

橋本商店街 「おひとり様」大歓迎 飲食店応援 はしご酒イベ開催

経済

掲載号:2020年12月24日号

  • LINE
  • hatena
「感染対策をしながら飲食店支援を」と担当者
「感染対策をしながら飲食店支援を」と担当者

 新型コロナウイルス感染症の影響による飲食店の売上減に対応しようと、橋本商店街協同組合(古橋裕一理事長)は来年1月12日(火)・13日(水)・14日(木)の3日間、「新年はしご酒」事業を行う。国の指針に基づき感染対策に細心の注意を払い、参加者を「おひとり様」など「4人以下」に限定。同組合事務局は「忘年会・新年会シーズンにほとんど予約が入らず、飲食店は苦慮している。対策を万全に行いながらお客様に満足してもらえるよう、新しい生活様式のイベントとして試行したい」と話している。             (12月17日起稿)

 定食屋や居酒屋など、現在約45店舗の飲食店が加盟している同組合。年間で3・4月の歓送迎会シーズンやGW、年末年始の忘新年会シーズンが書き入れ時といわれているが、ある居酒屋店主は「通常なら3・4月はその他の月より売上が1・5倍、12月は2倍見込めるが、今年はまったくダメ。手の打ちようがない」と肩を落とす。

 今回の企画は、9月頃に飲食店経営者たちが今後の対策を話し合うため集まったのがきっかけ。「売上減が深刻」「感染対策をしつつ行える打開策はないか」。さまざまな意見が出た中で決まったのが、専用のチケットを参加飲食店で提示するとお店自慢の1品料理とドリンク1杯が提供される「ちょい呑み」形式のイベントだった。

対策万全に

 感染対策として、【1】来店は4人以下【2】利用時間は上限30分【3】マスク着用【4】手指の消毒【5】検温【6】飛沫や密を防ぐテーブル配置などを厳しく実施。同事務局は「世間の感染状況もあるが、飲食店が苦しんでいる今動くことで、新しい生活様式でのイベントとしても試行したい。大人数での新年会が難しい分、おひとり様やカップルなど少人数で各店のお得な美味しい逸品を楽しんでほしい」と話している。

 今回の参加店は28店舗。「くん(かっくん)/GOHAN/LOCO STYLE/BONOS/SANTOFUEGO/MARRONNIER/Wappoi/エバーグリーンカフェ/魚菜市場/串焼き佐藤/慶福楼橋本店/こたつ/魚男/炭火はじめ/焔/月夜に遊ぶ。/月夜のこころ。/当千坊/ハシトロ/橋本赤レンガ/福徳橋本本店/大衆焼肉フライデーソックス/ほーむばるITADAKI/eim's/焼肉七夕橋本/奥の掌/しまざき/鳥忠さがみの亭橋本店 

 これらの店舗で5枚綴りのチケットを購入し(事前購入税込3千円、当日3500円)、期間中に利用する仕組み。購入枚数に制限はないが、同事務局では「販売数をみながら密にならないよう調整する」としている。問い合わせは同事務局【電話】042・772・2543へ。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

アプリ活用し街回遊

橋本商店街協同組合

アプリ活用し街回遊 社会

スタンプラリーを初企画

1月13日号

フラッグフットで日本一

ライズジュニア

フラッグフットで日本一 スポーツ

小学生部門 チーム初

1月13日号

3回目 「集団」で前倒し

新型コロナワクチン接種

3回目 「集団」で前倒し 社会

希望者の受付期限を延長

1月6日号

夢の将来に責任の舵取り

夢の将来に責任の舵取り 政治

本村市長 市政を語る

1月1日号

桜まつり、現地開催へ

桜まつり、現地開催へ 社会

感染対策の徹底を重視

1月1日号

橋本の街をキャンパスに

橋本の街をキャンパスに 社会

東橋本大山線に絵画11枚

12月23日号

「終活」なるほど教室開催中

介護福祉士による「介護施設の選び方」&エンディングノートの書き方講座

https://www.e-nagataya.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook