さがみはら緑区版 掲載号:2021年2月18日号 エリアトップへ

緑区地域医療を支える会 3.7千万円の「恩返し」 コロナ奮闘 協同病院へ寄付

社会

掲載号:2021年2月18日号

  • LINE
  • hatena
「相模原市緑区地域医療を支える会」のメンバーたち
「相模原市緑区地域医療を支える会」のメンバーたち

 今までお世話になった地元の病院に対して、地域住民主導での”恩返し”が叶った。橋本地区の有志団体らで立ち上げた「相模原市緑区地域医療を支える会」(江成藤吉郎代表)は、コロナ禍で奮闘する相模原協同病院(橋本台/井關治和院長)を支援するため、昨年11月から約2カ月間、インターネット上で寄付を募るクラウドファンディングなどを実施。今月に入り集計業務が完了し、目標額1500万円の倍以上である3706万2499円が集まった。

 約1100人の職員を擁し、区内唯一の新型コロナ対策「神奈川モデル」の重点医療機関として最前線で地域医療を支えてきた同院。市内の感染者が増え始め、昼夜問わず対応を迫られるも、コロナの影響で外来患者が激減。職員への賞与にも影響が及ぶ状況が余儀なくされた。そんな同院の運営を支援するため、昨年7月に「相模原市緑区地域医療を支える会」が発足。会には相模原橋本ロータリークラブや橋本七夕まつり実行委員会、橋本商店街協同組合、相原二本松商店街など地元の有志8団体が名を連ねている。

 今回採用された方法は、コロナ禍であることやより広範囲から支援を得るため、インターネット上で寄付金を募るクラウドファンディング形式。11月2日から呼びかけを開始し、アリオ橋本や橋本駅での募金活動も並行して行った。同月23日には目標である1500万円に早々に到達。12月8日には第二目標である2020万円を達成し、募金終了期日として設定した同月25日には3千万を大きく超え、結果的に3706万2499円が集まった。寄付者は合計1553人(匿名希望者含む)。当初の目標額の2倍以上集まったことについて、江成代表は「開始1カ月で目標額に到達し、更に伸びるだろうと予想していたが、まさかここまでとは思わず驚いている。支援者の人数は、同病院に感謝をしている人。何らかの形で恩返しがしたい人がこんなにいるのかと改めて思った」と話している。集まった寄付金は、手数料などを除き病院スタッフ全員へ1人1万円ずつ充当され、過剰分である約2200万円は同院のコロナ対策費用として使われる予定だ。

応援コメントも

 同会が今回の事業に使用したクラファンサイト「READY FOR」には、応援コメントも700件以上集まった。「少しでも役に立てば嬉しい」「協同病院のお陰で安心して暮らしている。最前線で戦う皆様に感謝の気持ちで一杯」「家族がお世話になった。当時は言葉でのお礼しかできなかったが、今回ほんのわずかだが支援の気持ちを贈らせてもらう」など支援者それぞれの思いが並ぶ。同院の井關治和病院長は「一年前から続いている新型コロナとの長い闘いのなかで、少なからず不安を感じる職員もいたが、皆様のおかげで全職員の士気が高まったことを心より感謝する」と謝意を示し、これからも地域の病院として最前線での医療活動を誓った。
 

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

カナダ代表の練習を見学

桂北小北相中

カナダ代表の練習を見学 スポーツ

五輪ボートの迫力に興奮

7月22日号

相模原を「世界」が駆ける

自転車ロードレース競技

相模原を「世界」が駆ける スポーツ

24・25日 日本選手に注目

7月22日号

禁止薬物動画を独自配信

相模原市薬剤師会

禁止薬物動画を独自配信 社会

若年層の意識向上図る

7月15日号

競歩で南関東1位

相模原総合高校中川さん

競歩で南関東1位 スポーツ

28日からインターハイへ

7月15日号

テレワークで新生活対応

森ラボ

テレワークで新生活対応 経済

働き方改革へ実証運営

7月8日号

相模原に聖火 希望つなぐ

相模原に聖火 希望つなぐ 社会

ランナー約80人が参加

7月8日号

あっとほーむデスク

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

  • 6月22日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter