さがみはら緑区版 掲載号:2021年10月28日号 エリアトップへ

峯の薬師 トイレ改修に個人が寄付 「観光活用に役立てて」

社会

掲載号:2021年10月28日号

  • LINE
  • hatena
改修が決まった既存の観光用トイレと西迫さん(左)、高城さん
改修が決まった既存の観光用トイレと西迫さん(左)、高城さん

 緑区在住の西迫洋美さんと高城正勝さんが15日、三井にある「峯の薬師」の観光用トイレの改修のため、同トイレを管理する相模原市に寄付した。眺望が良く、ハイキングコースとして地元住民や観光客が訪れる同寺院。2人は「トイレをきれいにすることで観光客を呼び戻し、峯の薬師の認知度向上や観光活用に役立ててほしい」と話している。

 峯の薬師(大覺山東慶寺)は「武相四大薬師」のひとつに数えられており、富田常雄著の長編小説「姿三四郎」の決闘の舞台にもなっていることから地元では有名な寺院。また眺望が良く、「関東ふれあいの道」のコース上にあることから、近年はハイキングを楽しむ地元住民や観光客の姿が見られる。

 寺院にある観光用トイレは、男性用小便器以外すべて和式の汲み取り式。住職の大石創元さんによると、建てられてから20年以上は経過しており、衛生面や使い方の不慣れさから、使用を敬遠されることも多かった。

 西迫さんと高城さんは共に津久井ロータリークラブ(現津久井中央ロータリークラブ)に所属し、この10年ほど同寺院に桜の植樹を行っていた。その際、西迫さんが「女性だとより利用しにくいのでは」と感じたことや、遠足で訪れた幼稚園児たちが利用したがらないという情報を耳にし、4年ほど前にトイレの水洗化工事を市に提案。屋根などの工事費用は改修に賛同した高城さんが受け持つことになり、それぞれ500万円、160万円を市に寄付する運びとなった。

 工事は10月末から着工し、来年3月上旬に完成する見込み。西迫さんは、「トイレをきれいにすることで、観光客の呼び戻しにつながる。若い人の中には峯の薬師を知らない人も多い。竣工時は桜の咲く季節でもあるので、ぜひ一度訪れてほしい」と話した。高城さんは複数の地権者の理解を得るため、何度も地権者の元へ足を運んでおり、「地元住民も喜んでくれるのでは。これを機に、大勢の人に峯の薬師からの眺望を楽しんでもらいたい」と観光資源としての活用促進に期待を寄せた。

 今回のように使用用途に条件がある寄付は「負担付き寄附」と呼ばれ、市観光・シティプロモーション課によると「本市では初めての申し出」となる。

「姿三四郎決闘の場」と書かれた同寺院にある石碑
「姿三四郎決闘の場」と書かれた同寺院にある石碑

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook