さがみはら緑区版 掲載号:2021年11月18日号 エリアトップへ

旭小学校 "本物"トーチに大興奮 疑似聖火リレーを体験

社会

掲載号:2021年11月18日号

  • LINE
  • hatena
トーチを掲げ点火セレモニーを行う児童
トーチを掲げ点火セレモニーを行う児童

 橋本にある旭小学校(福田雅一校長)で10月23日、東京2020オリンピック・パラリンピックで実際に使われたトーチを借り受けての疑似聖火リレーが行われた。同校からの提案で実現したもので、トーチを所有している市オリパラ推進課の担当者は「市内で初めての貸し出し例では」と話している。

 旭小学校の5年生は今年度、「総合的な学習の時間」でオリ・パラについて学びを深めてきた。その中で、6月に区内で行われた聖火リレーの点火セレモニーを見た児童の一人が「実際にセレモニーに参加した人の話が聞きたい」と提案。相談を受けた市オリパラ推進課が、陸上女子マラソン視覚障害クラスの道下美里選手の伴走者を務める青山由佳さん(市職員/南区在住)を紹介し、7月上旬に青山さんと5年生約90人とでオンライン交流会を行った。

 交流会で青山さんは、参加した点火セレモニーでの「トーチキス」(次の聖火ランナーへの聖火の受け渡し)の様子や伴走者(ガイドランナー)になるきっかけなどの話を披露。話を聞いた児童たちはさらに興味を深めた。同校は今年創立120周年を迎えることや、秋に運動会を控えていることから、オリパラの象徴でもあるトーチを運動会で使用できないかと市に打診。市の許可を得て、今回の疑似聖火リレーの実現に至った。

 今回使われたのは、市が購入・所有しているトーチ2本。今夏のオリパラで使われたもので、「桜」をモチーフに、東日本大震災の仮設住宅のアルミ廃材が使われている。オリ用とパラ用で色味が異なり、パラの方は点字が入っている。

テープで聖火を再現

 当日は、5・6年生各2人がトーチを掲げながら校庭をリレー。教員手作りの聖火台にトーチを近づけると、聖火を模したすずらんテープが扇風機の風で「点火」。児童や保護者たちからは大きな拍手が沸き起こった。走者の一人だった角田琉晴さん(6年)は、「保護者や学校の人に笑顔で手を振って、本物の聖火ランナーのような気持ちになった」と顔をほころばせた。

 5年生担当の馬場裕亮教諭は、「本物のトーチを使用することができて驚いている。5年生は昨年度からパラスポーツについて調べていたので、とてもいい経験になったのでは」と話した。

 市では今回の旭小の例を皮切りに、同トーチの教育的活用を検討しているという。

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

市、コロナ対策を見直し

市、コロナ対策を見直し 文化

感染者減少も警戒継続

12月2日号

金子さんに国税局長表彰

元橋本町在住

金子さんに国税局長表彰 社会

「長年の活動評価され光栄」

12月2日号

ワクチン3回目接種が柱

相模原市12月補正予算案

ワクチン3回目接種が柱 経済

一般会計、総額約68億円

11月25日号

"本物"トーチに大興奮

旭小学校

"本物"トーチに大興奮 社会

疑似聖火リレーを体験

11月18日号

3回目 高齢者は1月開始

新型コロナワクチン接種

3回目 高齢者は1月開始 社会

65歳以上の予約、市主導で

11月18日号

「相模原で合議制裁判を」

「相模原で合議制裁判を」 社会

市長ら、横浜地裁へ要望

11月11日号

プレゼント企画実施中!

買物1000円以上でドリップバッグ珈琲贈呈!(2021年12月31日まで)

http://www.insyoku.net/hhs/

相模原市からのお知らせです

新型コロナウイルスワクチンの詳しい情報については市HPをご確認ください

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/kenko/kansenyobo/1019910/1022588/index.html

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook