さがみはら緑区版 掲載号:2022年6月16日号 エリアトップへ

青根で酒米作りスタート 家族連れなど30人が参加

コミュニティ文化

掲載号:2022年6月16日号

  • LINE
  • hatena
田植えをする参加者
田植えをする参加者

 相模原産の米を使って日本酒を作る取り組みが、今年も6月5日に始動した。

 これは、青根酒米作りの会(石井好一会長)と上青根農園会(佐藤良行会長)が協力して進めている取り組みで、この日は青根地区の水田に家族連れの市民など、約30人が集まった。参加者は晴天の下で1本ずつ苗を植えていった。酒米作りがスタートし、石井会長は「今年もいよいよ始まった。家族連れを含め若い人の参加が多くて今後の希望になる」と話した。

 この取り組みは、相模原で収穫した米を使い、相模原の酒蔵(久保田酒造)で酒を仕込み、純相模原産の日本酒を作るもの。昨年も酒米作りから取り組み、今年5月には完成した日本酒を市内酒店などで販売。即日完売になるなど好評だった。

相模原市から大切なおしらせ

市民税非課税世帯等に臨時特別給付金を支給しています

https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/kurashi/fukushi/1024533.html

<PR>

さがみはら緑区版のローカルニュース最新6

代表理事に吉野氏

代表理事に吉野氏 社会

相模原市観光協会

6月30日号

ETC専用の料金所に

相模原IC

ETC専用の料金所に 社会

今日6月30日から

6月30日号

余剰品をフードバンクに提供

余剰品をフードバンクに提供 社会

「地元の強み」生かす 共生食品株式会社

6月30日号

銀行員が詐欺を阻止

銀行員が詐欺を阻止 社会

津久井警察署から感謝状

6月30日号

ハマスタめざし初戦必勝

緑球児の横顔【2】

ハマスタめざし初戦必勝 スポーツ

県立津久井・橋本高校

6月30日号

高校生に選挙の授業

津久井JC

高校生に選挙の授業 社会

「投票しなければ変わらない」

6月30日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook