神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

4日、5日に大凧まつり 今年の題字は「稀風」

文化

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
和紙の最終チェックを行った下磯部大凧保存会の役員たち
和紙の最終チェックを行った下磯部大凧保存会の役員たち

 約190年続く相模原市の伝統行事「相模の大凧まつり」が5月4日(土)と5日(日)、相模川新磯地区(南区)の河川敷の4会場で開催される。今年の題字は「稀風」。市制70周年の古希を祝った大凧が一斉に舞い上がる。

 「題字を書き終えるといよいよだと感じるね」と話すのは、下磯部大凧保存会の会長を務める荒井慎一さん。同会の役員たちは3月30日、相模の大凧センター(南区新戸)で題字を書き終えた和紙の最終確認を行った。

 同会が揚げる大凧のサイズは6間(10・9m四方)。縦約1・4m、横約5・5mに貼り合わせた和紙を16枚作る。

 役員たちはその和紙を1枚1枚広げて、糊の剥がれがないかを入念にチェック。わずかな剥がれから風の抵抗により、和紙が破れることがあるためだ。荒井さんは「どれだけ念入りに慎重に作業しても天気次第。風があり過ぎてもだめ、なさ過ぎてもだめ」と話す。

 相模の大凧まつりは新戸・上磯部・下磯部・勝坂の4地域の各保存会が大凧を制作し、相模川河川敷で大凧を揚げる。

 大凧は試し揚げができず「本番ぶっつけ」。保管場所を確保する難しさや技術の継承を理由に、どの保存会も毎年一から大凧を制作している。

 骨組みとなる竹の切り出しから紙貼り、題字書き、糸目付など制作期間は半年ほどかかる。

 荒井さんは「伝統文化を守るという思いや半纏を着る誇りかな」と情熱を注ぐ理由を語る。「でもやっぱり、ぶわっと揚がったときの感動があるから」と言葉を付け加える。

「唯一無二を見て」

 最も大きい凧は新戸保存会の8間(14・5m四方)、重さ約950kg。人員は80人から100人、風速は10から12m必要だという。4つの保存会で構成される相模の大凧保存会の八木亨会長は「市制施行70周年の節目。相模原で生まれた唯一無二の祭りと自負している。子どもの健やかな成長を祈って多くの方に見てほしい」と語る。

 新戸(新戸スポーツ広場)、勝坂(同)、下磯部(磯部頭首工下流)、上磯部(三段の滝下広場)の4会場。午前10時から午後4時まで。駐車場はあるが公共交通機関の利用を呼び掛けている。

入念な糊付け作業
入念な糊付け作業

さがみはら緑区版のトップニュース最新6

車両を変えて実証運行

若葉台地区

車両を変えて実証運行

グリスロ2年目に期待

6月13日

7年ぶり減少も高水準

児童虐待相談人数

7年ぶり減少も高水準

センターへの相談は増加

6月13日

若年がん患者に助成金

相模原市

若年がん患者に助成金

在宅療養 経済的負担減へ

6月6日

円安で製造・小売悪化

相模原市景況

円安で製造・小売悪化

深刻な人手不足続く

6月6日

詐欺抑止の店を認定へ

相模原北警察署

詐欺抑止の店を認定へ

被害減へ独自の取り組み

5月30日

文科大臣表彰を受賞

てぶくろの会

文科大臣表彰を受賞

「読み聞かせ」続け27年

5月30日

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新 文化

  • 1月11日0:00更新

  • 9月21日0:00更新

さがみはら緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook