町田版 掲載号:2018年10月25日号
  • LINE
  • hatena

町田市立博物館より34 自然を愛し、描きつづけた挿絵画家 学芸員 今井 圭介

後期展示/カワラマツバ(山崎付近)【天木茂晴・画、水彩・紙、個人蔵】1990年代以降、町田では滅びてしまったアカネ科の多年草
後期展示/カワラマツバ(山崎付近)【天木茂晴・画、水彩・紙、個人蔵】1990年代以降、町田では滅びてしまったアカネ科の多年草

 「『雑草という名前の草はない。どの草にも名前があります』そう昭和天皇は仰ったそうです」。これは映画、『植・物・図・鑑/運命の恋、ひろいました』(監督・三木康一郎2016年6月公開)の中で、岩田剛典演じる主人公・樹が自分にひそかに思いを寄せる女の子、さやか(高畑充希)に語った言葉である。さやかは一人暮らしで仕事も恋もうまくいかない時に、名前しか教えてくれない雑草好きの青年、樹と運命的な出会いをし、恋をする。冒頭の言葉は二人が草むしりをするシーンでのことである。

 樹が語った昭和天皇の言葉は、当時侍従になりたてだった入江相政が吹上御所の庭をきれいにしようと雑草を刈ったと聞いた天皇が、入江を諭して話したものとされる。「どんな植物でも、名前があって、それぞれ自分の好きな場所で生を営んでいる。人間の一方的な考え方でこれを雑草と決めつけてしまうのはいけない」(「宮中侍従物語」編著・入江相政 TBSブリタニカ 1980)というものであった。植物を愛し、直視する学者天皇の一面を伝えるエピソードである。

 現在、町田市立博物館で紹介している挿絵画家・天木茂晴もまた同じように自然や植物、生きものたちを愛した画家である。天木はあまり一般に名前を知られていないが、観察絵本『キンダーブック』や学習研究社の科学雑誌、様々な図鑑や教科書に野草や樹木、鳥や昆虫などの生きものたちを多く描いてきた。展示している図鑑を懐かしそうに眺める方もいらっしゃる。天木は当時アトリエがあった荻窪から自転車に乗って石神井公園まで出かけ、雑木林を歩き回ってスケッチをしたり、晩年を過ごした町田市の自宅周囲や近所の薬師池公園などで野草を丹念に描き続けた。こうしたスケッチの中には既に都内や町田で絶滅してしまった植物もあり、貴重な記録ともなっている。

 映画では料理のための野草を狩りに行く二人や、樹に隠れてこっそり買った植物図鑑をながめるさやかも微笑ましいが、美しい挿絵の原画や野草のスケッチをご覧いただきながら、雑木林や道端で植物や生きものに目を凝らし、描きつづけた挿絵画家のことに思いをめぐらせていただけたらと思うのである。

町田版のコラム最新6件

ワイングラス…?

町田市立博物館より38

ワイングラス…?

3月21日号

「自立しません」

町田市立博物館より37

「自立しません」

2月14日号

「金箔触るな」

町田市立博物館より36

「金箔触るな」

12月20日号

宮司の徒然 其の45

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の45

12月13日号

昭和のかおりと天木茂晴

町田市立博物館より35

昭和のかおりと天木茂晴

11月22日号

宮司の徒然 其の44

介護のお仕事、職場見学会受付中

ヒューマンライフケア㈱の地元の施設で一緒に働きませんか?お気軽にお問合せを

http://recruit.human-lifecare.jp

<PR>

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月21日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    10月25日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月21日号

お問い合わせ

外部リンク