町田版 掲載号:2019年4月11日号 エリアトップへ

町田市立博物館より39 リスはお散歩中? 学芸員 山口 佳美

掲載号:2019年4月11日号

  • LINE
  • hatena
白地青被葡萄栗鼠文瓶 中国 清時代
白地青被葡萄栗鼠文瓶 中国 清時代

 リスたちが元気に迎えてくれる「町田リス園」は町田の人気スポットですが、町田市立博物館にもかわいいリスがいることをご存知でしょうか。

 それが《白地青被葡萄栗鼠文瓶》(しろじあおきせぶどうりすもんへい)という中国の清朝(17〜20世紀)で作られたガラス作品です。作品の表面をブドウの蔓(つる)が覆い、たわわに実ったブドウの房があらわされていますが、その隙間にリスもあらわされているのです。ブドウはたくさんの実をつける果物、リスは多産の動物とされることから、この二つを組み合わせることで「子孫繁栄」というおめでたい意味が込められています。

 ところで、先ほどこれはガラス作品だと書きましたが、私たちが慣れ親しんでいる無色透明なガラスとは、ずいぶんかけ離れているように感じるのではないでしょうか。ブドウやリスの文様はトルコ石のような不透明で鮮やかな青色、地の部分は牛乳のような白色をしています。全体の分厚いつくりや、立体的な文様ともあいまって、まるで石を削って作られているかのようです。実は、清朝のガラスでは玉(ぎょく)と呼ばれる石のような表現が目指されていました。この作品には、そのような当時の中国の人々の美意識が反映されているのです。

 当館の清朝のガラス作品コレクションのなかでも人気の作品なので、「町田市立博物館最終(ファイナル)展」のポスターやチラシにもこの作品を掲載しています。すでにポスターなどを見てくださった方もいらっしゃるかと思いますが、そこに掲載されている本作には「リスがいない」ことにお気づきでしょうか。照れて裏側に隠れてしまったのか、はたまた、春の陽気に誘われて町田リス園までお散歩に出かけてしまったのか…。

 この作品はもちろん「町田市立博物館最終展」でも展示いたします。かわいいリスがどこに隠れているのか、ぜひ会場で探してみてくださいね。
 

町田版のコラム最新6

こどもの日の贈り物

豊臣秀頼黒印状

こどもの日の贈り物

協力:泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

5月13日号

宮司の徒然 其の75

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の75

4月29日号

宮司の徒然 其の74

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の74

4月15日号

桜の次は新茶の季節

志野織部 草花文茶入

桜の次は新茶の季節

協力:泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

4月8日号

宮司の徒然 其の73

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の73

4月8日号

宮司の徒然 其の72

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の72

3月4日号

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 3月25日0:00更新

  • 3月18日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter