町田版 掲載号:2022年5月12日号 エリアトップへ

町田天満宮 宮司 池田泉 宮司の徒然 其の104

掲載号:2022年5月12日号

  • LINE
  • hatena
数珠玉。別名ハトムギ
数珠玉。別名ハトムギ

祈り

 人々の祈りがコロナ終息に集中して2年余りにもなる。思いおこせば令和2年の節分祭当日。「なんだか中国で何とかっていうウイルスが広がってるらしいぞ。そんなもん、鬼は外で追い払っちゃえー!」。そんなノリで危機感なく恒例の節分行事が賑やかに行われたことを想い出す。まさかこんなことになるとは。

 私は職業柄持っていないが、祈りの道具として誰もが知っているのは数珠(じゅず)。木や石のものができる以前は、実際に植物の数珠玉(じゅずだま)の実を繋げて使用していた。本来は仏教でいう煩悩の数108個であり、念仏を唱えた数を数えるための道具だった。また仏陀の教えの解釈によって様々な宗派に分かれ、それぞれに祈り方や数珠の扱いにも違いが生まれた。基本は108個で、簡素化されても108の約数で作られたが、いつしか男女の数の違いや、大きさや材質も変わり、果てはパワーストーンで作ってスピリチュアルな御守り、あげく単なるファッションアイテムにもなっている。キリスト教でもロザリオという十字架を首に掛けるためのものは古来数珠玉で作られ、これも同様に教典を唱える段取りを数えるための道具であった。いずれにしても、ファッションでも良いけれど、せめて本来の意味は知っておくべきだと思う。

 数珠玉はイネ科の一年草で、別名は誰もが知るハトムギ。硬い果実に見える部分は実は果実ではなく苞葉鞘(ほうようしょう)という鞘(さや)で、それが硬くなって本当の果実を鳥などから守っている。古代から穀物として食用とされてきて、今でも東南アジアなどでは米の休耕田で作られているが、日本ではハトムギ茶の目的で栽培している。体を冷やす作用があるとされ、夏バテには良いらしい。

 生薬として様々な効能がある数珠玉だが、私にとっては幼い頃の苦い思い出が甦る。銀玉鉄砲というプラスチック製のピストルで、専用の銀色の玉を入れて飛ばす。今のBB弾ほどの威力はなかった。この銀玉は小さな紙製の箱で別売されていた。私が小学校低学年当時、5円か10円くらいだったと思うが、銀玉は打って堅いところに当たると割れてしまうため、銀玉だけ買い足さなければならない。しかしお小遣いはそんなにない。そこで銀玉にサイズが近い数珠玉を野原に採りに行く。硬い実をたくさん集めてよく乾燥させ、尖った部分をコンクリにこすりつけて削り、それを銀玉の代用にした。ただし、まん丸ではないし、大きさも微妙にまちまちだから、何回か打つと中でひっかかったりつぶれたりして、それを掻き出すのに苦労したあげくピストルが壊れたり。買えないから自然のものを利用する。まさにSDGs。その頃の自分には環境意識があるはずもなく、ただ遊びたかっただけ。それでも、そんな工夫をした経験は、何かの役に立っているかもしれない。その時の祈りが、「数珠玉、うまく飛んでくれー」だけだったとしても。

町田版のコラム最新6

宮司の徒然 其の106

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の106

5月26日号

宮司の徒然 其の105

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の105

5月19日号

町田市の鳥、ご存じですか?

土佐光起・光成 鶉・翡翠図(部分)

町田市の鳥、ご存じですか?

泰巖歴史美術館【電話】042-726-1177

5月12日号

宮司の徒然 其の104

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の104

5月12日号

宮司の徒然 其の103

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の103

5月5日号

宮司の徒然 其の102

町田天満宮 宮司 池田泉

宮司の徒然 其の102

4月21日号

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 4月7日0:00更新

  • あっとほーむデスク

    3月24日0:00更新

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook