八王子版 掲載号:2015年8月6日号 エリアトップへ

キャラ投票で1位獲得 はちバス誕生物語

社会

掲載号:2015年8月6日号

  • LINE
  • hatena
自筆のイラストを持つ田中さん(右)と小野さん。下写真ははちバスと関係者
自筆のイラストを持つ田中さん(右)と小野さん。下写真ははちバスと関係者

手がけた2人の声

 本紙創刊号(6月25日号)の人気投票「八王子キャラ総選挙」において1位を獲得した「はちバス」のキャラクター。1位を記念してキャラを手がけた人やはちバスを運行している関係者に話を聞いた。

 八王子市は2003年に地域循環バスのキャラクターと名称を公募した。イラストには田中尚子さん(四谷町在住)が、名称には小野充子さん(横山町在住)が選ばれた。

 「出産のために入院していたときでした。元々、絵を描くのは好きだったので、子どものために毎日描いていたんです」(田中さん)。イラストは病室の中で作られた。八王子にちなみ「八=ハチ(蜂)」とイメージ。そして出産の3日前に市から採用の連絡が。自分の子どものようにかわいいと感じているそう。「小さい子どもは丸い形が好きなので、多用しました。明るくてかわいい色を使いました」(田中さん)

 「親しみを持ってもらえるような名前にしました。数字の8の字のように、市内を飛び回るイメージも。また、乗客を集めて回る様子が、ハチが蜜を集める姿に似ているから」(小野さん)

 2人は授賞式で出会い、知り合いと一緒に意気投合。「もっとはちバスを盛り上げよう」ということではちバスにちなんだサブレの開発に取り組んだ。その過程で様々な団体と交流ができ、はちバス音頭など発展した動きも。また、それらの中で市内のボランティア団体が集まる「八王子ボランティアネットワーク」も生まれた。

おなじみ「市民の足」

 市内で公共交通機関が少ない「交通空白地域」を走ることで、高齢者や障害者に積極的に社会参加してもらおうという目的で八王子市が2003年からスタートした「はちバス」事業。通常のバスが入っていかれない細い道でも走れるなど市民の足として活躍している。今秋には乗車人数が累計で200万人を突破する予定だという。

八王子版のローカルニュース最新6

八王子市 ひとり親世帯に臨時特別給付金

3つのKANを

実質4708円で取付

後付け誤発進防止装置

実質4708円で取付 社会

小林自工 8月末まで

7月9日号

両親から「空襲」伝え聞き

人物風土記関連

両親から「空襲」伝え聞き 文化

前野さん 小説として出版

7月9日号

あの黄色い犬は?

あの黄色い犬は? 社会

堀之内駅前に

7月9日号

教育支援のために

教育支援のために 社会

マスクと漂白剤を寄贈

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク