八王子版 掲載号:2016年1月14日号 エリアトップへ

手書き看板で「人」つなぐ チョークアート 上野町・佐藤さん

文化

掲載号:2016年1月14日号

  • LINE
  • hatena

 「可愛いフルーツ」「オシャレなコーヒーカップ」――。街中のカフェやレストランの前で見かけるカラフルなイラストが施された手書きの看板。「オイルパステル」と呼ばれるクレヨンに似た素材で描かれた「チョークアート」だ。

 このアートを生み出したモニーク・キャノン(オーストラリア)に師事し、日本人で初めてモニークのアシスタントを務めたのが上野町でチョークアートの教室を開く佐藤真理さん(44)=写真。

 教室は常時、30人程度の生徒を抱え、なかには北海道や九州などの遠方から佐藤さんの指導を受けにくる人もいるほどの人気を集めている。「コンピューターで何でも表現できる時代だからこそ、『手書きの質感』が注目を集めているのだと思います。この看板の一番の役割は、お店の集客アップに貢献すること。アートの力でそれを実現したいんです」。指で混ぜ合わせることによって「世界で一種類しかない色」を生み出せることもこのアートの魅力のひとつだ。

「ゆったり空間つくる」

 八王子市内のカフェや雑貨店などで佐藤さんの作品を見かけることは多いが、そのなかのひとつカフェ&レストラン「クレア」(本町)の佐藤晃大店長は「佐藤さんのイラストがゆったりとくつろげる空間をつくってくれています」と話している。

 「いつか、自分のカフェをもち、そこでギャラリーを開くなど、みんなでこのアートを楽しみたいんです」と佐藤さん。お店の「集客ツール」としての役割だけでなく、人の「つながり」を生むアートとして周知を図っていきたいと考えている。

 問い合わせはマリズチョークアート教室【電話】042・623・6473へ。

八王子版のローカルニュース最新6

シンボルキャラを公募

アポログループ

シンボルキャラを公募 文化

優勝作品には5万円

6月4日号

八王子からも出場可能?

八王子からも出場可能? スポーツ

全国のランナーと競える千M走

6月4日号

17日(水)、ニューアルバム

フラチナリズム

17日(水)、ニューアルバム 文化

市内企業の曲も収録

6月4日号

単行本を発行

日本オーガニックコスメ協会

単行本を発行 文化

「100%天然成分」など掲載

6月4日号

「一つの絵」となり魅了

八王子日本閣

「一つの絵」となり魅了 社会

庭園のバラが見頃

6月4日号

「アマビエ」配布中

独楽寿司

「アマビエ」配布中 社会

来店者にシール贈呈

6月4日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年6月4日号

お問い合わせ

外部リンク