八王子版 掲載号:2016年3月10日号 エリアトップへ

石巻で被災 復興願う保育士

社会

掲載号:2016年3月10日号

  • LINE
  • hatena

 宮城県石巻市出身の櫻井唯さん(23)=写真=は昨年4月から、山田町にある光明第五保育園で働いている。地元の高校を卒業してすぐ大震災が起こり、海から400メートルほどの所にある自宅は流された。3日間、役場に避難したあと、親戚のいる仙台市へ。「何が起きたのか、嘘か本当かわからなかった」と、櫻井さんは避難時を振り返る。

 保育士をめざし仙台市内の大学に通った。無事に資格を取得しいざ就職。募集時期が宮城県内より早い地域の保育所も就職イベントで探してみた。

 「『働きたい』と思ったのはここだけでした。訪問した際、園児がけん玉やお手玉をしていて、日本の文化を大切にする園の姿勢に惹かれました」

「芯が強い」

 第五保育園の尾又幸子園長は「物腰がやわらかく、子どもの目線になって対応してくれます。辛い経験をしているので、芯が強い」と、櫻井さんを評価する。

 櫻井さんによると八王子は「仙台と似ていて落ち着きがある」そう。生活に不便はないが「ウニや貝は地元の方がおいしいかな」と笑う。「(震災後)1、2年目は地震がくるたびに『怖い』と思いましたが、今はそんなことはありません。早く復興してほしいです」

 同保育園を運営する社会福祉法人多摩養育園(八木町)は8年ほど前から、東北地方で開催される就職イベントに参加し、現地の若者らを雇用する機会を設けている。震災後もこの事業を続けており櫻井さんはこの場で同法人を知り、就職した。

八王子版のローカルニュース最新6

20日、とうろう流し

20日、とうろう流し 社会

市役所近くの浅川で

7月18日号

お香作り

お香作り 文化

20日 親子向け

7月18日号

意思 デジタルで確認

意思 デジタルで確認 社会

北原グループが実証開始

7月18日号

圏央道、「新しい風」も

芸者衆 DJとコラボ

「生きた証だからこそ」

外面終活撮影会関連記事

「生きた証だからこそ」 社会

トレセレが遺影撮影イベント

7月18日号

「加賀の雅を楽しむ」

八幡町きものにしわ

「加賀の雅を楽しむ」 文化

20日から23日まで

7月18日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月18日号

お問い合わせ

外部リンク