八王子版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

演歌歌手で2月に新曲「流れ雲」を発売した 北山 たけしさん 市内在住 42歳

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

めざすは「故郷」八王子の顔

 ○…「歌手の夢は捨てろ」。21歳のとき、弟子入りを志願し玄関の前で10日間の座り込み。その後ようやく話を聞いてくれた北島三郎さんから言われた。「俺のもとで人として学ぶ気持ちがあるならいい。歌手になりたいやつはダメだ」。たいていの人はここで諦めるそう。結論を約束された10日後、再び八王子の北島さんの所へ。「また来たか」。門が開いた。

 ○…水郷の城下町、福岡県柳川市の出身。今もカラオケ教室を経営する父親の影響で4歳から歌い始める。歌手になるのは北島さんの大ファンである父親自身が果たせなかった夢でもあった。「(北島さんは)家では神様のような存在。毎朝写真を拝んでいましたから」と思い出して笑う。

 ○…「そろそろ船出をしてみるか」。北島さんからデビューの知らせだった。付き人時代は傍にいるからといって歌について教えられることは一切なく8年間、365日、師匠の世話をした。デビューが決まるとそこから毎晩のように怒られながら指導を受けた。録音に3日を要した渾身のデビュー曲「片道切符」(2004年)はヒットしその年、レコード大賞新人賞、日本有線大賞新人賞など数々の賞を受賞した。これまで17枚のシングルを発表し、紅白へは5回出場。航海は順調のようだ。

 ○…八王子で暮らして21年。修業時代、挫けそうな時は高尾山によく登り自身を叱咤激励していたそう。その気持ちを忘れぬよう、今でも新曲を発売する際は「お山」でヒット祈願をし、節分祭は師匠とともに訪れる。1年の半分以上を地方で過ごすが、休みの日は市内で妻とのんびり。「たけちゃん頑張って!いつも応援しているよ」と地元ならではの温かさに触れることもしばしば。「ここは第2の故郷(ふるさと)。八王子と言えば北島、そして北山と言われるようになって恩返しをしたい」。八王子の街中で声をかければ、この笑顔を返してくれる。

八王子版の人物風土記最新6

歌田 年さん

新人ミステリー作家の発掘を目的としたコンテストで大賞に輝いた

歌田 年さん

高倉町在住 56歳

11月7日号

石橋 朋子さん

ソプラノ歌手で11月16日に復帰公演を行う

石橋 朋子さん

市内在住 

10月31日号

小野 晃弘さん

制作したロボットを地域の交通安全イベントに出演させている

小野 晃弘さん

府中市在住

10月24日号

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年11月7日号

お問い合わせ

外部リンク