八王子版 掲載号:2016年3月24日号 エリアトップへ

演歌歌手で2月に新曲「流れ雲」を発売した 北山 たけしさん 市内在住 42歳

掲載号:2016年3月24日号

  • LINE
  • hatena

めざすは「故郷」八王子の顔

 ○…「歌手の夢は捨てろ」。21歳のとき、弟子入りを志願し玄関の前で10日間の座り込み。その後ようやく話を聞いてくれた北島三郎さんから言われた。「俺のもとで人として学ぶ気持ちがあるならいい。歌手になりたいやつはダメだ」。たいていの人はここで諦めるそう。結論を約束された10日後、再び八王子の北島さんの所へ。「また来たか」。門が開いた。

 ○…水郷の城下町、福岡県柳川市の出身。今もカラオケ教室を経営する父親の影響で4歳から歌い始める。歌手になるのは北島さんの大ファンである父親自身が果たせなかった夢でもあった。「(北島さんは)家では神様のような存在。毎朝写真を拝んでいましたから」と思い出して笑う。

 ○…「そろそろ船出をしてみるか」。北島さんからデビューの知らせだった。付き人時代は傍にいるからといって歌について教えられることは一切なく8年間、365日、師匠の世話をした。デビューが決まるとそこから毎晩のように怒られながら指導を受けた。録音に3日を要した渾身のデビュー曲「片道切符」(2004年)はヒットしその年、レコード大賞新人賞、日本有線大賞新人賞など数々の賞を受賞した。これまで17枚のシングルを発表し、紅白へは5回出場。航海は順調のようだ。

 ○…八王子で暮らして21年。修業時代、挫けそうな時は高尾山によく登り自身を叱咤激励していたそう。その気持ちを忘れぬよう、今でも新曲を発売する際は「お山」でヒット祈願をし、節分祭は師匠とともに訪れる。1年の半分以上を地方で過ごすが、休みの日は市内で妻とのんびり。「たけちゃん頑張って!いつも応援しているよ」と地元ならではの温かさに触れることもしばしば。「ここは第2の故郷(ふるさと)。八王子と言えば北島、そして北山と言われるようになって恩返しをしたい」。八王子の街中で声をかければ、この笑顔を返してくれる。

八王子版の人物風土記最新6

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

鈴木 くみ子さん

フードコーディネーター・料理家として活躍する

鈴木 くみ子さん

横川町在住

10月15日号

梅澤 朗広(あきひろ)さん

日本青年会議所公認SDGsアンバサダーで昨年、事業化もした

梅澤 朗広(あきひろ)さん

日野市在住 40歳

10月8日号

川西 てつ江さん

マルベリー東京パイロットクラブの会長を務める

川西 てつ江さん

明神町在住 79歳

10月1日号

横山 忠志(ただし)さん

一般社団法人日本修斗協会の副会長で、片倉町で輸入家具専門店を営む

横山 忠志(ただし)さん

相模原市在住 58歳

9月24日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク