八王子版 掲載号:2016年6月9日号 エリアトップへ

悉皆師の仕事 にしわの橋浦さん

文化

掲載号:2016年6月9日号

  • LINE
  • hatena

 傷んだ着物の修繕など、着物にまつわる全てのことを任される悉皆(しっかい)師。「きものにしわ」(八幡町)には都内でも珍しく店専属の悉皆師がいる。橋浦悠さんだ。

 橋浦さんにかかると、ただのクリーニングとは別次元の作業になる。シミを抜く場合は、部分的に漂白してさらに周りに合わせて色を足していくなど、職人的な技術が必要になる。どうにもならないシミの場合は、その上に着物の雰囲気になじむ柄を入れるなどデザイン感覚も重要だ。

 橋浦さんは元デザイナー。和柄に興味があり、和柄のデザインで着物の賞を受賞したことも。「もっと着物に触れていたい」という思いが強くなり、京都で学び悉皆師に。そこから186年に渡る歴史の重みに憧れて「にしわ」へ。「プライベートでも月に何度かは着物を着るようにしています。着物が珍しがられないように。着物は現在も生きた文化ですから」

八王子版のローカルニュース最新6

インフルエンザ急増

インフルエンザ急増 社会

市内内科医、予防徹底呼びかけ

12月12日号

献血は自己管理にも

LC5団体

献血は自己管理にも 社会

南大沢で呼びかけ

12月12日号

「年内に届けたい」

台風被害義援金

「年内に届けたい」 社会

いちょうLCが30万円

12月12日号

税標語 14作を表彰

間税会

税標語 14作を表彰 経済

12月12日号

観光カレンダー発売中

岡山に連敗

芸者カレンダー発売中

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年12月12日号

お問い合わせ

外部リンク