八王子版 掲載号:2017年2月23日号 エリアトップへ

産千代稲荷で初午祭 地元商店会 子どもにお菓子

文化

掲載号:2017年2月23日号

  • LINE
  • hatena
初午祭の様子(上)/小泉宮司
初午祭の様子(上)/小泉宮司

 小門町(おかどまち)の産千代(うぶちよ)稲荷神社で2月12日、初午祭(はつうまさい)があった。

 神事が執り行われ、地元のお囃子の披露もあり境内は賑やかな雰囲気に包まれた。また近隣の「八幡上町商店街くらま会」(中野智行会長)がお菓子を奉納し、同神社では訪れた子どもたちにそれらを配った。今年はおよそ250人の子どもたちが集まった。

 「昔は初午の五色の幟を目印に、子どもたちが近所のお稲荷さんへお菓子をもらいに走り回ったと聞きます」と小泉さんは話す。

「風習残して」

 かつての八王子では、機屋(はたや)をはじめ商売をする家では「お稲荷様」を祀るところが多かった。初午となると、神主らが各所をまわり祈祷などをし飴や饅頭などお菓子を子どもたちに配った風習がある。「『神様は大切に』と小さい頃に覚えさせたかったのではないでしょうか」(小泉さん)

 そんな地域の伝統を知った同会は2014年(平成26)から「お菓子の奉納」を始めた。「70歳前後の方ならきっと『お菓子をもらいに走り回った』記憶があると思います。残したい風習と思い、協力させていただいています」と中野さん。小泉さんは「このような機会に稲荷様の御神徳やその意味を知っていただければと思っております」と話した。

八王子版のローカルニュース最新6

八王子市 ひとり親世帯に臨時特別給付金

3つのKANを

実質4708円で取付

後付け誤発進防止装置

実質4708円で取付 社会

小林自工 8月末まで

7月9日号

両親から「空襲」伝え聞き

人物風土記関連

両親から「空襲」伝え聞き 文化

前野さん 小説として出版

7月9日号

あの黄色い犬は?

あの黄色い犬は? 社会

堀之内駅前に

7月9日号

教育支援のために

教育支援のために 社会

マスクと漂白剤を寄贈

7月9日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク