八王子版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

都立高校教諭から実業団のランニングチーム監督に就任した 大島 唯司(ただとも)さん 小宮町在住 43歳

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

異例の道、野太く突っ走る

 〇…異例の転身。昨年、日本一の駅伝チームを決める大会への連続出場が13で止まったチームの再建を託された。話を持ちかけられた時、教員となって5年目。回答を保留していると「どうやったらあのチームは強くなるのか」と以後、頭にチームの再編プランが浮かぶように。決め手は会社の本気度。駅伝で結果を出すためなら外国人選手の採用も考える――。最後は即答「任せて下さい」

 〇…箱根駅伝の出場経験がある古豪大学出身だが、入部当初からマネージャー。将来はマスコミ関係の仕事に就きたいと考えていたなか、「マネなら人脈ができる」と誘われ、高校まで長距離ランナーで「陸上オタク」でもあったことから選んだ道だった。「常に一緒にいろ」と箱根の花形選手だった名将から指示され、気づけば、強い選手の育て方が「見える」ように。原点となっている。

 〇…自称、おせっかい焼き。関わる人の懐に入っていき、その性格、考えを知っていくうちに自分が役に立つことは何か、と考えてしまう性質。だから、知り合い同士をつなげて「化学反応」を起こすのはもはや趣味であり得意技。「仲間と飲みに行くのが好きなんです。私が主催することが多いですね」。その野太い声に皆が引きつけられる。

 〇…託されたチームに欠けているのは自信、と分析している。「小さな成功体験を1つ1つクリアさせ、自信を植えつけていきたい」。大学卒業後には、八王子市内を中心に活動しているもう1つの実業団チームのコーチを務め、駅伝日本一まで駆け上がる姿を目にしてきた。「選手としての実績がなくても強くさせるイメージはあります」。言わば、”プロの指導者”。まだ日本では数少ない道を、フロントランナーとして走り始めた。

八王子版の人物風土記最新6

前野 博さん

西放射線通り商店街振興組合の理事長で、7月に私小説を出版した

前野 博さん

旭町在住 72歳

7月9日号

前野 博さん

西放射線通り商店街振興組合の理事長で、7月に私小説を出版した

前野 博さん

旭町在住 72歳

7月2日号

吉沢 和子さん

書家であり、多摩地区で「文字遊び」の教室を開く

吉沢 和子さん

元本郷町 77歳

7月2日号

石井 太郎さん

今年度から、八王子商工会議所・青年部の会長に就いた

石井 太郎さん

八幡町在住 46歳

6月25日号

高山 裕子さん

ボランティアグループ「アクティブライン八王子」の代表を務める

高山 裕子さん

子安町在住 47歳

6月18日号

五十嵐 正人さん

先ごろ、「東京都自転車商協同組合」八王子支部の支部長に就いた

五十嵐 正人さん

長沼町在住 60歳

6月11日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク