八王子版 掲載号:2018年4月26日号 エリアトップへ

都立高校教諭から実業団のランニングチーム監督に就任した 大島 唯司(ただとも)さん 小宮町在住 43歳

掲載号:2018年4月26日号

  • LINE
  • hatena

異例の道、野太く突っ走る

 〇…異例の転身。昨年、日本一の駅伝チームを決める大会への連続出場が13で止まったチームの再建を託された。話を持ちかけられた時、教員となって5年目。回答を保留していると「どうやったらあのチームは強くなるのか」と以後、頭にチームの再編プランが浮かぶように。決め手は会社の本気度。駅伝で結果を出すためなら外国人選手の採用も考える――。最後は即答「任せて下さい」

 〇…箱根駅伝の出場経験がある古豪大学出身だが、入部当初からマネージャー。将来はマスコミ関係の仕事に就きたいと考えていたなか、「マネなら人脈ができる」と誘われ、高校まで長距離ランナーで「陸上オタク」でもあったことから選んだ道だった。「常に一緒にいろ」と箱根の花形選手だった名将から指示され、気づけば、強い選手の育て方が「見える」ように。原点となっている。

 〇…自称、おせっかい焼き。関わる人の懐に入っていき、その性格、考えを知っていくうちに自分が役に立つことは何か、と考えてしまう性質。だから、知り合い同士をつなげて「化学反応」を起こすのはもはや趣味であり得意技。「仲間と飲みに行くのが好きなんです。私が主催することが多いですね」。その野太い声に皆が引きつけられる。

 〇…託されたチームに欠けているのは自信、と分析している。「小さな成功体験を1つ1つクリアさせ、自信を植えつけていきたい」。大学卒業後には、八王子市内を中心に活動しているもう1つの実業団チームのコーチを務め、駅伝日本一まで駆け上がる姿を目にしてきた。「選手としての実績がなくても強くさせるイメージはあります」。言わば、”プロの指導者”。まだ日本では数少ない道を、フロントランナーとして走り始めた。

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク