八王子版 掲載号:2018年5月10日号
  • googleplus
  • LINE

活躍した馬のその後 八王子乗馬倶楽部・細野さんに聞く

スポーツ

細野さんと同倶楽部の馬
細野さんと同倶楽部の馬
 市内で唯一、乗馬体験ができる施設「八王子乗馬倶楽部」(丹木町)ディレクターの細野茂之さん(49)は、アトランタ、シドニー五輪に出場。リオ五輪の監督も務めた乗馬界の第一人者と言われる。東京五輪は、馬術に親しみを持ってもらう好機でもあると考えている。「海外のトップ選手や馬が見られるチャンスです」

 華やかな五輪の舞台とは別に、最近では動物愛護の観点から同倶楽部では馬の「第二の人生」に関わることも多い。馬の平均寿命は25〜30歳。それに対して競走馬のピークは長くても7歳くらいまで。「余生」というにはあまりにも長い。

 引退した馬を受け入れ「ひたすら速く走る」から「誰が乗ってもおとなしく走る」ように調教しなおすという。同倶楽部の馬の8割以上が競走馬からの転用馬だ。競馬で活躍した馬をファンが見に来ることも。「北島三郎さんの馬を預かっていたときには、北島さんのファンが見に来たよ」と細野さん。

 「馬は癒しの効果がある」。少しでも気軽に訪れてもらうため、併設されているレストランは、乗馬をせず「馬を見ながら食事するだけ」でも利用可能。「乗馬=高価なスポーツ」というイメージを払しょくしたいそう。「ゴルフでも打ちっぱなしなどは気軽に楽しめる。乗馬もそんなイメージにしていきたい」

八王子版のローカルニュース最新6件

八王子市にある住宅型老人ホーム

【見学受付中】保証人なしでも入居可、介護認定の方、生活保護の方もご相談を

http://www.oasisland.jp/

<PR>

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク