八王子版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

高尾駒木野庭園 モリアオガエルを知る

文化

高尾駒木野庭園のモリアオガエル=5月30日撮影
高尾駒木野庭園のモリアオガエル=5月30日撮影
10日 専門家が解説各地で天然記念物

 高尾駒木野庭園(裏高尾町268-1)で6月10日(日)、講演「モリアオガエル A LIFE」が行われる。

 例年この時期に開催しているもので、今年も理学博士の草野保氏(元首都大学東京動物生態学研究室助教)を講師に迎える。

 モリアオガエルは日本各地で天然記念物に指定されており、同園の池にも生息している。草野氏は「古くから、(近くにある)高尾の森林科学園内の池で繁殖していましたが、その集団から分散してきた子孫が定着したのだと思います」と話す。なお当日については「どのようなカエルなのか、また特にあまり知られていない不思議な生態の解説をするつもりです」と来場を呼び掛ける。

 時間は午前10時30分から正午まで。定員20人(先着順)。参加費は500円(小学生以上)。申し込み・問い合わせは同園【電話】042・663・3611へ。

草野氏に聞く

――いつからどうしてモリアオガエルを調べるようになったのですか?

 「1970年台半ばより都立大(現首都大学東京)理学研究科の動物生態研究室で両生類(カエルやサンショウウオ)の生態を研究していました。知人から、道路で轢かれたカエルを解剖して胃内容物を見てほしいと依頼されたのがその始まりです。モリアオガエルの死体を解剖していて、見慣れない大きな臓器が目に入り、よく調べてみると精巣であることが分かりました。他の種に比べて異常に巨大な精巣を持つことが分かり興味を持ちました」

――モリアオガエルはどのような生物ですか? 

 「世界に広く分布するアオガエル科の仲間で、樹上生活する中型のカエルです。アオガエル科は主に熱帯や亜熱帯地域に生息する仲間ですが、モリアオガエルはその中でも最北端に生息する日本だけにしかいない固有種です」

――モリアオガエルに惹かれる点(魅力)は何ですか?

 「他の種と異なり樹上生活をすること。産卵も樹上で泡巣を造りすること。産卵は、一メスに対して複数のオスが抱きつき数時間かけて産卵すること。それらと関係するのですが、オスが巨大な精巣を持つことなどです」

産卵集団の写真=草野保氏提供。なお市内での生息については「新八王子市史自然編」によると「小津川を中心とした西部地区と西南部地区の高尾山の周辺など、山地寄りで多く見られる」とある
産卵集団の写真=草野保氏提供。なお市内での生息については「新八王子市史自然編」によると「小津川を中心とした西部地区と西南部地区の高尾山の周辺など、山地寄りで多く見られる」とある

八王子版のローカルニュース最新6件

田植えに240人 新展開「米粉」も

続く独立リーグでの挑戦

埼玉屋 宮寺匡宏さん

続く独立リーグでの挑戦

6月14日号

W杯給食

八王子市

W杯給食

6月14日号

環境に負けず、力蓄える

「第2章が始まる」

「PTAって大変?」

JCがパネルディスカッション

「PTAって大変?」

6月14日号

八王子版の関連リンク

あっとほーむデスク

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

作品作りを楽しめる

作品作りを楽しめる

17日 ワークショップ祭り

6月17日~6月17日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月14日号

お問い合わせ

外部リンク