八王子版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

音楽に合わせ、人と犬が共に踊る「ドッグダンス」の世界大会出場が決まった 伊藤 哲朗さん 散田町在住 41歳

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

共存目指し、「一体感」表現

 ○…先月、山梨県で行われた大会で2位となり、世界への道を開いた。”人犬”が繰り出すダンスの芸術性などが問われる競技。審判員が外国人であると聞きくや自身はサムライに扮し、愛犬のコテツと殺陣を行うがごとく「舞った」。「審判に受けが良いように和の要素を取り入れたんです」。犬とのきずなの深さが試される競技で、評価されたという事実が一番うれしかったという。

 ○…散田町を拠点に、犬のしつけなどを行うドッグトレーナーとして活動している。むやみに吠えないように、などの要望を受け、多くの犬を「カ

ウンセリング」する毎日だ。考えが表れやすい目線や耳の形などを観察し、一頭ごと異なる性格の見極めに力を注ぐ。褒めながら教えるがモットー。「犬が練習したくてしょうがない状態にするのが一番成長につながるんです」

 ○…幼少期から犬との生活があった。当初は一緒に遊ぶと楽しい、と思うだけの存在だったが、年を重ねるごとにより身近になっていったという。うれしい時に一緒に喜び、体調が優れないと寄り添ってくれる。「犬は人の考えを読み取ることができる動物なんです」。10年前に脱サラし、今の生活が始まった。犬は家族の一員と話し小学生の娘2人を加え、みんなで広場を駆け回ることが何よりも楽しみになっている。

 ○…念願の世界大会だ。その存在を知った4年前からは出場を目指し、映画などを見てダンスに生かすための感性を磨いてきた。大会は団体戦で行われるため、共に日本代表として臨む他のメンバーとその力を示したいと意気込んでいる。「決勝進出が目標。結果を残し、競技の知名度を上げたいんです」。それが人と犬がより共存できる環境づくりにつながる――。そう信じベストを追求する。

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク