八王子版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

福島から保養に 母子写真を展示

文化

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena
撮影した吉田さん。会場にて
撮影した吉田さん。会場にて

相模原市で

 ボランティアグループ「福島子ども支援・八王子(ふくはち)」は2012年から、東日本大震災による原発事故で放射線量が高くなった地域に住む親子を招待するリフレッシュキャンプ(交流合宿)を実施している。ふくはちと同じタイミングで保養キャンプをスタートし、今も同じ会場(町田市)でキャンプを続ける相模原市のグループ「母ちゃんず」は「姉妹」のような存在で、その母ちゃんずによるキャンプに参加した母子写真の展示が相模原市で行われている。

 撮影したのはフォトグラファーの吉田智彦さん。吉田さんはボランティアでキャンプに参加し毎回依頼のあった母子の写真を撮っている。

笑顔とのギャップ

 「写真に笑顔がありますが、参加するお母さんと話すと、福島で暮らす不安など悩みが聞かれます。笑顔から想像できないギャップを感じます」と吉田さん。「3・11は、過去のものではありません。大切なものは何か、この展示が考えるきっかけになれば」。写真だけでなく参加した母親からのメッセージも掲出している。

 吉田智彦写真展「心はいつも子どもたちといっしょ」(相模原市主催)は9月2日(日)まで、相模原市民ギャラリー(JR相模原駅セレオ相模原4F/【電話】042・776・1262)アートスポットで開催中。

ふくはち・前田さん「何かを感じて」

 ふくはちのキャンプを手伝う八王子市議の前田佳子さんは「会場では写真家・江成常夫さんによる東日本津波原発事故大震災の重い現実の記録(写真展After The TSUNAMI―東日本大震災)が本展として開催されています。その放射能汚染が原因で保養キャンプに参加している親子を撮った、吉田さんの写真が、一見とても対照的であるようで、奥深く考えさせられました」と感想を話す。「二人の写真家を通して、心に何が浮かんでくるか。感じにお出かけ下さい」と来場を呼び掛けた。

写真展のポストカードを手に
写真展のポストカードを手に

八王子版のローカルニュース最新6

紙工作で元気づけ

紙工作で元気づけ 文化

横山町・シルキー

7月2日号

駅前七夕飾り 今年は…

北口商店会

駅前七夕飾り 今年は… 社会

7月2日号

少人数で登ろう

フェイスシールド400枚を寄付

フェイスシールド400枚を寄付 社会

東海通信機材 マスク9000枚も

7月2日号

カフェ婚はいかが

南RCが寄付

南RCが寄付 社会

フェイスシールド3千枚

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク