八王子版 掲載号:2019年4月18日号 エリアトップへ

2月に恩方銀座商店会を立ち上げた 門脇 大輔さん 西寺方町在住 42歳

掲載号:2019年4月18日号

  • LINE
  • hatena

次は「街」を作りたい

 ○…故郷恩方地域でのイベント「オンガタマルシェ」を昨年6、11月に企画した。初回から1500人が集まる盛況ぶりに「(この地域に)こんなに人がいるんだ」と驚いた。一方「協力してくれる人もたくさんいる」ことに気が付き「地域の発展につなげられないか」と考えた。昨年末、イベントを通じて知りあった仲間らに声をかけた。「商店会を作ろうと思う」。OKの返事しかなかった。「商店の店主でなくてもいい。何かしたい人を集めたかったんです」

 ○…杉並区の生まれ。3歳から八王子へ。小学生の頃は図工が得意で、モノ作りに興味があった。高校からデザインを学ぶように。20世紀中ごろに作られた米(アメリカ)家具に惹かれインテリアデザイナーに憧れた。大手印刷会社や紙器会社での企画、制作、製版業務を経て、6年ほど前、地元でデザイン会社を起こした。紙媒体、パッケージ、サイトのデザインだけでなく、イベントの企画、運営もする。「小さな仕事でもクオリティは意識しています」

 ○…うまくいかない時期も何度かあった。専門学校時代に挫折。「アフロヘアに金歯。コイツ大丈夫か?という雰囲気でした」。会社勤めで営業職も経験。組織で働く中でいつからか将来を悲観するようになった。「辞めていい?」。まだ子どもが生まれたばかりの頃、独立を検討、妻に相談した。「いいよ!」。明るい返事が勇気をくれた。

 ○…恩方の自然をこよなく愛す。「かぶとむし、ホタル、むささび、タヌキ…何でもいる」。少年時代の自分の姿を重ねながら、川原で小学生の2人の子どもとよく遊ぶ。商店会を作ったのは、そんな子どもたちが暮らす将来のまちの姿を考えて、でもある。次の目標は「商店街」を作ること。陣馬街道でのまつり開催も夢にみる。

八王子版の人物風土記最新6

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

大野のどかさん

「つづく地図 はちおうじ」発行の呼びかけ人で、携わるメンバーのひとり

大野のどかさん

千人町在住 

10月3日号

竹下 正哲(まさのり)さん

拓殖大学教授で筑摩書房から新書「日本を救う未来の農業」を上梓した

竹下 正哲(まさのり)さん

打越町在住 48歳

9月26日号

黒部 睦(むつみ)さん

南多摩中等教育学校6年生で、少年少女国連大使としてSDGsの啓蒙活動を行う

黒部 睦(むつみ)さん

東大和市在住 18歳

9月19日号

富田 喜代志(きよし)さん

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める

富田 喜代志(きよし)さん

台町在住 78歳

9月12日号

津川 瑠衣さん

今夏開催されたインターハイの陸上競技女子400M障害で優勝した

津川 瑠衣さん

八王子高校3年

9月5日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

高尾山で謎解き

八王子JC

高尾山で謎解き

20日スタンプラリー 参加無料

10月20日~10月20日

八王子版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク