八王子版 掲載号:2019年5月30日号 エリアトップへ

淡々と「漕ぎ続ける」 八王子市サイクリング協会 市川 富夫会長

社会

掲載号:2019年5月30日号

  • LINE
  • hatena

 副会長を務めるなど、長く「黒子」として会の屋台骨を支えてきた。会の「メインイベント」ともいえる、市民をサイクリングへと連れ出す催しの前には「参加者を楽しませたい」と「日常では味わえない」コースをつくる役割を。「車が通れない道なんかをね。会長?できることをやっていくだけだよ」

販売店の二代目

 70年近い歴史をもつ、四谷町にある自転車販売店の二代目。「お客さんが入らなくて」と苦笑いする先には途切れることなく、常連客がやってくる。「空気入れてよ」「これ直して」--。相手が高校生の時もあれば、お年寄りの場合も。そのポーカーフェイスと愛のある「憎まれ口」で対応する。「常連のお客さんと飲みに行くのが一番の楽しみかな」。飲みにケーションが身上だ。

マイペース

 19日には106回目となる「市民サイクリング」を開催。約30人が参加したが、「父が協会の幹部を務めていたころは、この100倍の参加者がいたそうなんだよね」と語り、「まあ比べてもしょうがないけど…。地道にやっていくよ」と。「マイペース」が仲間の評。57歳、慌てずにペダルを漕いでいくつもりだ。

八王子版のローカルニュース最新6

紙工作で元気づけ

紙工作で元気づけ 文化

横山町・シルキー

7月2日号

駅前七夕飾り 今年は…

北口商店会

駅前七夕飾り 今年は… 社会

7月2日号

少人数で登ろう

フェイスシールド400枚を寄付

フェイスシールド400枚を寄付 社会

東海通信機材 マスク9000枚も

7月2日号

カフェ婚はいかが

南RCが寄付

南RCが寄付 社会

フェイスシールド3千枚

7月2日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月2日号

お問い合わせ

外部リンク