八王子版 掲載号:2019年7月4日号 エリアトップへ

「川口ゴルフ会」が600回 地元コンペ 月1で50年 

社会

掲載号:2019年7月4日号

  • LINE
  • hatena
6月20日、GMG八王子ゴルフ場で開催した川口会600回コンペでの記念写真=提供写真
6月20日、GMG八王子ゴルフ場で開催した川口会600回コンペでの記念写真=提供写真

 GMG八王子ゴルフ場(川口町)の「川口ゴルフ親交会」(奥住愛次郎会長)によるコンペが6月20日の開催で記念の600回目を迎えた。同会は1968年に発足。50年間途切れることなく月に1回コンペを企画しており、そのうち年間10回を同ゴルフ場で実施している。同ゴルフ場を利用するゴルフ会の中では最も多いプレー回数という。事務局を担当する浜中賢司さん(68・川口町在住)は「家族的な雰囲気の中でプレーしている。みんながやりたいと思う限り、続けていきたい」と話す。

GMG 最多プレー数会員数44人

 ゴルフ場は67年にオープン。当時、用地を提供するなど地元の人が多く建設に携わっていたこともあり、ゴルフ場側から「地元中心のゴルフ会を」と創設の働きかけがあった。「GMGを始め、八王子CC(川口町)、五日市CC(あきる野市)など、近隣にゴルフ場が一気にできた時期。ちょうどブームのときでした」と浜中さんは資料をもとに振り返る。

 スタート時の会員数は27人。当初は不定期だったが2年目からは「月1」の記録がある。

目的は親睦

 会員の対象は基本的に「川口在住、在勤」で、現在の会員数は44人。毎年1、2人の新入会員がいる。コンペは毎回30人以上の参加があり、春と秋にはバスで遠征もする。なお会員の最年長は89歳で、これまで90歳代でプレーをした人が3人いるそう。

 コンペの一番の目的について浜中さんは「親睦」をあげる。「近所の人ばかりなので。家族的な雰囲気の中でプレーしています」。長く続いている理由は「(コンペは一般的に)上手な人が仕切る傾向がありますが、うちは(創設時の会長が)そうしなかった。付いていけない人のこともよく考えている」「必ず成績表を作り郵送している」など、ひとつには「全員を大切にする」運営方針にあると推測する。

「1回1回楽しむ」

 「みんながやりたい限り、続けていきたい。ただ、ここまで来たので無理やり存続させるようなことはせず。1回1回を楽しみたい」と浜中さん。ゴルフ場の田中真澄支配人は「奥住会長は『まずは健康であること。そして家族の理解等条件がそろった人たちができることであり、 プレーの喜びを感じてほしい』とおっしゃっていました。これからもご愛顧頂ける様、コース整備、社員教育に取り組んでまいります」と話した。

同ゴルフ場オープン当時(1967年)のクラブハウス=500回記念誌より
同ゴルフ場オープン当時(1967年)のクラブハウス=500回記念誌より

八王子版のトップニュース最新6

松姫 檜原村で舞台に

松姫 檜原村で舞台に 文化

5月上演 「通った道」の縁

2月20日号

つながり大切に30年

八幡八雲神社青年会

つながり大切に30年 社会

会員数「日本一」との声も

2月20日号

余剰パン フードバンクへ

余剰パン フードバンクへ 社会

市内工場 月2〜300パック

2月13日号

小中いじめ防止強化

八王子市教育委員会

小中いじめ防止強化 教育

来年度から新たな取組み

2月13日号

もっと自然の遊び場を

もっと自然の遊び場を 教育

主婦が活動 「子育て楽に」

2月6日号

枯れ沢 復活に一歩

浅川上流

枯れ沢 復活に一歩 社会

里山再生団体 月1で活動

2月6日号

500年機に町おこし

500年機に町おこし 社会

地域住民ら「滝山城」盛上げ 

1月30日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク