八王子版 掲載号:2019年9月12日号 エリアトップへ

初の遺品展を開催した八王子市遺族会の会長を務める 富田 喜代志(きよし)さん 台町在住 78歳

掲載号:2019年9月12日号

  • LINE
  • hatena

二度と「遺族」を出さない

 ○…3歳の時に一級建築士として働いていた父親が出征した。翌年、沖縄戦で戦死。「手紙は全部で32通。その年の2月24日の消印が最後でしたね」。限られた面積にびっしりと文字が並ぶ。「几帳面な性格だったことが読み取れます。絵葉書の場合は、手紙の宛名を子どもの名前にしてくれているんですよ」。まじめさの中に優しい気づかいも垣間見えたという。

 ○…小学校ではクラスに1人か2人は必ず戦争で親を失った子がいた。終戦から4年ほど経った小学校2年生のときのこと。戦死したはずの旧友の父親が突然帰ってきたことがあった。「『自分の父親も帰ってこないかな』と思いましたね」。高校、大学をで学ぶかたわら経理事務所に勤めた。「父の遺言では工科系に進んでほしいようでしたが、縁があって勤めるようになり、今でも現役です」

 ○…母の入っていた遺族会に入り、その年に結成された青年部の副部長を務めた。青年部は子ども・孫世代にも活動の意義を知ってもらうことが目的だった。「戦後74年が経ち、会員の平均年齢は80歳を超えています。多いときは2000人いたが今は700人に減りました。慰霊を継続するためには世代交代が必要」。今回のイベントも、若い世代に興味を持ってもらうためだった。

 ○…イベントでは遺族が持ち寄った遺品を通じて戦争の悲惨さや平和の尊さを訴えた。「国のために尊い命を捧げた英霊に対する慰霊活動は、遺族だけが担えばいいというものではないと思います」。かすれた手紙の文字は内容が伝わるよう、改めて書き直したものを近くに置くなどわかりやすい展示にした。広く一般に知ってもらい、会に参加してもらうことを願っている。「戦争が起これば、再び遺族も生まれる。そうはならないように」

八王子版の人物風土記最新6

中屋 廣隆さん

12月5日にあるNPO企画の交流イベントに出演する

中屋 廣隆さん

西多摩郡桧原村在住 65歳

11月21日号

中嶋 幸子(さちこ)さん

11月20日に50周年を迎える八王子女性防火協会の会長を務める

中嶋 幸子(さちこ)さん

元本郷町在住 73歳

11月14日号

歌田 年さん

新人ミステリー作家の発掘を目的としたコンテストで大賞に輝いた

歌田 年さん

高倉町在住 56歳

11月7日号

石橋 朋子さん

ソプラノ歌手で11月16日に復帰公演を行う

石橋 朋子さん

市内在住 

10月31日号

小野 晃弘さん

制作したロボットを地域の交通安全イベントに出演させている

小野 晃弘さん

府中市在住

10月24日号

荒又 美陽さん

多摩ニュータウンの調査・研究にあたる市民グループの会長を務める

荒又 美陽さん

文京区在住 46歳

10月17日号

三浦 元(はじめ)さん

ワールド ヨーヨー コンテストで6連覇を達成した

三浦 元(はじめ)さん

大楽寺町在住 15歳(高1)

10月10日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年11月21日号

お問い合わせ

外部リンク