八王子版 掲載号:2019年10月31日号 エリアトップへ

ソプラノ歌手で11月16日に復帰公演を行う 石橋 朋子さん 市内在住 

掲載号:2019年10月31日号

  • LINE
  • hatena

絆と歌で文化振興

 ○…今から5年前、スペインが誇るテノール歌手セルソ・アルベロ氏と八王子のオリンパスホールにて主役として共演した。満席の観客席からの大拍手の中「脳裏には支援者たちの顔が浮かび全身に感謝が溢れました」

 ○…「言葉をしゃべり始めるのと同時に歌っていた」と物心がつく前から歌が好きだった。正規の音楽教育を受けたことはなく、独学のみというクラシック界では珍しい存在だ。世界平和のためにと外交官を目指し、高校3年生の時に都の事業により東京代表に選ばれてニューヨーク州に留学。現地の音楽大学から声楽を志すように勧められ、音楽の道があることを知る。同時期「真の友情こそが世界平和の実現手段」ということにも改めて気づく。帰国後歌うことで「絆がいくつもの国境を越えて生まれていきました」。プロ野球公式戦で何度か国歌斉唱もした。

 ○…留学中に気づいたことを活かし自分がどう社会貢献できるか考え試行錯誤が続いた。慶應義塾大学卒業以降、歌以外には司法通訳などもしながら「対立が生む生々しい事件」を目の当たりにし、より一層平和と音楽への想いを深めた。そして「国際的な友情と音楽をもって、地元八王子の文化振興に貢献したい」との思いでオペラ企画をスタート。「独学のソプラノ歌手を、芸術を愛し、八王子の文化振興を心から願う協力者たちが支援し実現してくれました」

 ○…2014年から劇場におけるコンサートを離れていたが、私生活での激変を経て、再び舞台に上がる決意をした。大学時代はソウルなどを歌唱。喉を傷めない発声方法を模索しクラシックのベルカント唱法にたどり着いた。国際的な絆づくりも継続しており、2021年には再び八王子でセルソ・アルベロ氏と共演予定である。

八王子版の人物風土記最新6

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

女性落語家・真打として地域で落語を披露する

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

市内在住 

11月26日号

大蔵 國宜さん

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける

大蔵 國宜さん

元横山町在住 77歳

11月19日号

小松 由佳さん

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した

小松 由佳さん

椚田町在住 38歳

11月12日号

石井 利一さん

八王子いちょう祭り祭典委員会の7代目会長を務める

石井 利一さん

長沼町在住 86歳

11月5日号

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク