八王子版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

恩方漁業協同組合の代表理事組合長を務める 野村 福松さん 上恩方町在住 72歳

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

心ひとつで迎えたい

 ○…昨年10月の台風は組合が漁業権を持つ浅川に大きな被害をもたらした。増水の影響で組合の釣場は「見えなくなった」ほど。「景色が全く変わってしまいました」。決壊した道路、溢れる土砂など翌朝の様子は忘れられない。しばらく川の水の濁りがとれず、やむなく養殖池の稚魚2000匹の放流もした。ずっと営業できずにいたが、ようやく来月再開の運びに。「(組合員一同)心ひとつで迎えたい」

 ○…3人兄弟の長男。自宅の前を流れる浅川は子どもの頃から遊び場だった。「6歳のとき、初めてヤマメを釣りました。釣りは自然の中に入り色々なことを忘れられるのが魅力ですね」。地元の中高を卒業し公務員となり自治体組織で働いた。インパクトあるその名前は「財を成した」という親戚から。「自分はそんなことないけどね」と笑う。その一方、3世代で暮らすにぎやかな毎日に話が及ぶと笑顔が溢れた。

 ○…趣味は野菜づくりと孫が打ち込む野球やバレエを観に行くこと。野球はずっと親しんでおり高校時代は投手として活躍。その遺伝子は代々引き継がれ、小6の孫は現在硬式チームで「4番」だそう。「特に高校野球が好き。真剣な眼差しがいいですよね」

 ○…水温の管理、病気の予防など365日、魚たちから目を離せない。昨年11月、春に備え新しく3万匹を育て始めた。その立派に成長した姿、そしてそれを喜ぶ釣り人たちの様子が何よりのやりがいという。組合に入ったのは地域貢献が目的だった。「ずっと恩方で暮らしています。どんど焼きなどの伝統行事を後世に残していきたい。この川も守っていきたい」と今後について語った。

八王子版の人物風土記最新6

三木 一弥さん

「森と踊る(株)」代表で林業を通じて森の価値を伝えている

三木 一弥さん

上恩方町在住 50歳

3月26日号

吉田 美江さん

昔話の継承に励む「高尾山とんとんむかし語り部の会」の会長を務める

吉田 美江さん

絹ヶ丘在住 75歳

3月19日号

峰尾 恭輔さん

20年以上にわたってレーシングドライバーとして活躍している

峰尾 恭輔さん

散田町在住 45歳

3月12日号

中森あきない(安室奈美似)さん

八王子で歌手・ものまねタレントとして活躍する

中森あきない(安室奈美似)さん

日野市在住

3月5日号

山田 幸一さん

先ごろ、事件・問題を起こした人の支援者に向けた書籍を出版した

山田 幸一さん

初沢町在住 68歳

2月27日号

マユミールさん(本名:横溝真弓)

バンド「マユミール&エスパー」のヴォーカルで、22日に元横山町のカフェでライブをする

マユミールさん(本名:横溝真弓)

相模原市緑区在住 

2月20日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク