八王子版 掲載号:2020年8月6日号 エリアトップへ

元毎日オリオンズ投手で、今も「古希野球」で最年長選手として活躍する 松村 恒夫さん 台町在住 85歳

掲載号:2020年8月6日号

  • LINE
  • hatena

「与太郎」笑顔の営業マン 

 ○…「与太郎」と自身を呼ぶ。落語の物語に登場する「間抜け者」のようだと。幼少期から野球に打ち込み、高校卒業後は毎日オリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団したが、半年ほどで退団。「練習環境に違和感があった」と当時を振り返る。その数年後に勤めた国際的な工具メーカースナップオンでは、36歳で日本1位の営業成績を収めた。定年後の現在は週に2度の草野球を楽しみにしている。

 ○…台町で生まれ育った。野球三昧だった学生時代は落第ぎりぎりだったが、「卒業だけは」という父の頼みもあり高校卒業。退団後には実家の織物屋を手伝ったが、時代のあおりで廃業した。その頃は「新卒採用が当たり前」だったため不安も大きかったという。生活費を稼ぐために、幼馴染の妻と毎日シール針の内職をしたこともあった。「それでも、二人で好きなジャズを聴けば、明るい気持ちになった」

 ○…いとこの紹介でスナップオンに入社してからは、工具用品を航空会社、警察署など相手に営業した。興味のあった分野だっため、熱心に打ち込んだ。バンに工具を乗せ、全国を営業するなかで、「困ったことがあれば、仕事とは関係なく頼んでくれ」と伝えたそう。徐々に心のつながりが生まれたことが、成果にもつながった。

 ○…「いつなにがあってもおかしくない」と草野球で次の約束は行わない。それでも朝、目が覚める時は毎日「新しい1日がはじまる」と感じ、自宅ではいまだに毎日トスバッティングを行っている。「球拾いでもいいから、最後までボールを触っていたい」のだという。「届くか届かないか、その瀬戸際で諦めるのではなく、あきらめずに踏ん張ること」。それが人に愛される秘訣だとほほ笑んだ。

八王子版の人物風土記最新6

坂本 多佳子さん

若手演奏家を派遣する事業を展開し、このほど映像作品の制作に取り組んだ

坂本 多佳子さん

大磯町在住

2月25日号

フォファナ・ママドゥさん

B3リーグに所属するプロバスケチーム「東京八王子ビートレインズ」に入団した

フォファナ・ママドゥさん

市内在住 23歳

2月18日号

岡部 眞弓さん

3月に市内でコンサートを企画する夢空間ラ・ムシカの代表を務める

岡部 眞弓さん

椚田町在住 70歳

2月11日号

今村 博明さん

地域文化功労者表彰を受けたバレエ団(株)B.シャンブルウエストの総監督を務める

今村 博明さん

上野町在住 70歳

2月4日号

清水 香さん

「“もしも”に備える新しいお金の使い方」を出版した

清水 香さん

八日町在住 52歳

1月28日号

角山(つのやま) 貴之さん

八王子を拠点に活動し、三段跳びで東京オリンピックへの出場を目指す

角山(つのやま) 貴之さん

江東区在住 35歳

1月21日号

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

お問い合わせ

外部リンク