八王子版 掲載号:2020年10月22日号 エリアトップへ

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した 山岩 淳さん(本名:遠藤進) 大和田町在住 79歳

掲載号:2020年10月22日号

  • LINE
  • hatena

ゼネラリストの矜持

 ○…「八王子の魅力や文化は高尾山だけではないんだよ」。八王子のまちを作ったと言われる江戸時代の代官・大久保長安の歴史的資料は少ないそうで、小説はその空白を埋めるための手段でもあるという。「僕は歴史家じゃないし、読む人も必ずしも専門家ではない。まず全体像が理解できるように」とフィクションで楽しませつつ、丁寧に用語の説明も加えた。主なものでも今回5冊目でこれまで自費出版を中心に発行してきた。

 ○…高尾山で花を撮るのが定年後の趣味。「月ごとに分類したらわかりやすい」と本にしたところ、ロングセラーとなり5000部が売れた。高尾山の登山ガイドもしており、「花がない時期は、こぼれ話をするんです」。内容は「高尾山にかつてスキー場があった」「高尾山という名前の山は、日本に40カ所以上ある」など。それも本にしたことがある。

 ○…父が海軍の工場で働いていたため生まれは横須賀。戦争中は母の実家の秋田県に疎開。終戦後は父が民間の造船会社に就職したことをきっかけに函館へ。その後、カメラメーカーでエンジニアとしての道を歩んだ。関東近圏の色々な場所で暮らし海外赴任も経験。「だから故郷といえる場所がない」。しかし、その経験が物事を広く見る傾向につながった。

 ○…「最近のスマホはカメラとしても十分使える」。ツイッターは毎日更新。「新しいことにすぐ興味が沸くんだよ」。「スペシャリストではなくゼネラリスト」と自身を分析する。「深入りせず広く浅く」が信条。その「広さ」が出版に際して色々な人たちから協力を得るのに役立ったそう。「長安はミステリアスなところが面白い。小説の題材にもよく選ばれる。読み物として楽しんで」

八王子版の人物風土記最新6

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

女性落語家・真打として地域で落語を披露する

桂 右團治さん(本名:桑名恵子)

市内在住 

11月26日号

大蔵 國宜さん

八王子市工芸品「東京こけし」を手掛ける

大蔵 國宜さん

元横山町在住 77歳

11月19日号

小松 由佳さん

写真家で9月にノンフィクションエッセイを出版した

小松 由佳さん

椚田町在住 38歳

11月12日号

石井 利一さん

八王子いちょう祭り祭典委員会の7代目会長を務める

石井 利一さん

長沼町在住 86歳

11月5日号

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

「巻寿司特任大使」として活動する映像編集者、カメラマン

やはた めいこさん(本名:八幡名子)

鑓水在住 

10月29日号

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

小説「大久保長安 家康を創った男!」を出版した

山岩 淳さん(本名:遠藤進)

大和田町在住 79歳

10月22日号

八王子市プレミアム付商品券

新型コロナの影響により落ち込んだ消費の回復を図るためプレミアム付商品券を発売

https://shop.hachioji-premium.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク