八王子版 掲載号:2021年3月11日号 エリアトップへ

東日本震災を生き延びた豚「有難豚(ありがとん)」を扱うホープフルピッグの代表の 高橋 希望(のぞみ)さん 小比企町在住 

掲載号:2021年3月11日号

  • LINE
  • hatena

常に希望がある

 ○…10年前のきょう、宮城県にある実家の養豚場にいた約2000頭の豚が津波で流された。数日後、数頭が返ってきた。中には、1カ月以上かけて戻ってきた豚もいた。ただ電気も水道もトラックもない農場で飼育することは難しかった。まわりの人が諦める中、「生きて帰ってきた豚だからこそ、意味のある形で食べる」。その情熱が養豚家としての第一歩だった。

 ○…既存の大量生産とは異なり1頭1頭を大切に育て、それを「ありがたくいただく」という養豚を確立するには苦難だらけだった。それでも応援する人は必ずいた。2015年から八王子市内の牧場を間借りできることに。生き残った豚の3頭と一緒に移り住んだ。有難豚はすべて、そのときの豚の子孫だ。「八王子もかつて空襲で市街地の8割が焼けた」。現在の姿は被災地復興への希望のように映る。

 ○…大学卒業後は障害者就労支援の仕事に就いた。その人が活躍できる場所をマッチングし、環境を整えていく。これが今の仕事にもつながっている。最近は行かれずにいるが、趣味はカフェ巡り。「小さい空間の中で雰囲気が作られている。隣の店に行くとまた異なった風景が見られる」。個性の違いを楽しめるという。

 ○…古来から豚は祝い事の席を飾ってきた。「1頭の豚を中心に、人と人との大切な時間が成立する」。豚のオーナーになってもらい、子豚から実際に食べるまで見守る事業も展開する。コロナ禍を逆手に取り、リモート養豚場をオープンし、オーナーがカメラで農場の様子を見ることもできるようにした。「考え過ぎないように。動物は生きることを迷わない」。自身に言い聞かせるように、力強く話した。

八王子版の人物風土記最新6

志茂 崇弘さん

ギター、ウクレレ職人で来月、初めて作品の写真集を刊行する

志茂 崇弘さん

鑓水在住 63歳

9月16日号

城所 幸子さん

今年30周年を迎える宇津貫みどりの会の会長を務める

城所 幸子さん

兵衛在住 71歳

9月9日号

中嶋 廣一さん

今年で70周年を迎える八王子防火防災協会の会長になった

中嶋 廣一さん

元本郷町在住 73歳

9月2日号

米倉 かおりさん

八王子音楽祭の企画プロデューサーを務める

米倉 かおりさん

初沢町在住 31歳

8月26日号

中村 正晴さん

公益社団法人八王子法人会青年部会部会長に就任した

中村 正晴さん

子安町在住 50歳

8月19日号

Sayakaさん

プロバスケ「東京八王子ビートレインズ」によるチアリーダーのディレクターを務める

Sayakaさん

千葉県松戸市在住

8月12日号

Tシャツデザイン画100選

第19回「Tシャツデザイン画」100選入選者、入賞者の発表

https://hachioji.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 6月18日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月3日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook