八王子版 掲載号:2021年4月1日号 エリアトップへ

八王子駅前 テレワーク施設が充実 コロナで活況 駅ビルにも

経済

掲載号:2021年4月1日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス予防のため様々な企業がIT技術を活用したテレワークを取り入れ、柔軟な働き方を展開している。そんな中、八王子駅前でもビジネスで利用できる「ワークスペース」が充実してきた。

「電車降りてすぐ」

 JR八王子駅直結の商業施設「セレオ八王子北館」(旭町)に4月15日(木)、ワークステーション「ステーションスイッチ」がオープンする。場所は9階で、過去にクリニックが入居していた一角。広さはおよそ300平方メートルある。「(駅直結のため)電車を降りてからすぐに打ち合わせができる会議室、WEB会議に対応した個室ブースを用意しています」と担当者。落ち着いた色調のインテリアが醸し出すカフェのような雰囲気が印象的だ。

 駅周辺では駅ビルだけでなくホテルもテレワーク専用のプランを提供し出すなど、大小様々な施設で新しい働き方への対応が進んでいる。

 「昨年の緊急事態宣言の際は営業自粛をしましたが、夏以降は順調に利用者の方がいらっしゃっております」。そう話すのは同駅徒歩4分の所にある「コワーキングスペース八王子エイトビート」(三崎町)の小柳次郎代表。同施設は駅周辺コワーキングスペース(共同で作業をする場所)の走りとも言われている。

2014年から

 開所は2014年。小柳さんによると、当時はまだテレワークやリモートワークという視点はほとんどなく、「スモールビジネスを起業しようとする人が集まる場」のような存在だったそう。以後、駅近くでパソコン仕事をする人の間などで重宝されてきた。

 現在の利用者は30、40代の男性が多く、最近はWEB会議などの需要がよく見られるという。駅周辺で同様のサービスが広がっていることに対し小柳さんは「バブル崩壊後に遊休不動産が駐車場になったのと似ている感じがする」とし、今後については「リモートワークの流れは止まらないと思う。定着すれば企業側は家賃などコストを減らせる。ほぼデメリットはない」と話す。ただ、労働時間の管理が難しい点から過重労働などの弊害も報道されており「行政による労務管理の指導などは必要」と訴える。

浸透に不安の声も

 このように施設が充実しテレワーク環境が整いつつあることについて市内在住の男性会社員は「できるものなら(都心の)会社に行かない方がいい。やってみたらもっとできると思う」と歓迎の様子。また別の男性は「もう1年以上、会社に行っていない。コロナが収束したとして、前のスタイルに戻れるかどうかは不安」と話した。

八王子版のトップニュース最新6

5カ年で2.5km開通へ

八王子南バイパス

5カ年で2.5km開通へ 経済

16号と圏央道、接続向上

5月12日号

地道な活動に光、60年

八王子親切会

地道な活動に光、60年 社会

思い寄せ、記念誌を発行

5月12日号

世界の人招き100回

八王子国際協会

世界の人招き100回 社会

「ふれあいタイム」 記念誌に

5月5日号

ラジオドラマで共演

八王子実践高東特別支援高

ラジオドラマで共演 社会

社会共生掲げ、NPOが企画

5月5日号

新人監督が劇場上映

八幡町出身塩野峻平さん

新人監督が劇場上映 文化

コロナ禍、生き難さ描く

4月28日号

佐藤貫首、晋山式で感謝

高尾山薬王院

佐藤貫首、晋山式で感謝 文化

お出迎えが「勇気と自信に」

4月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月12日0:00更新

  • 5月5日0:00更新

  • 4月28日0:00更新

八王子版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月12日号

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook